HOUYHNHNM

FEATURE|スタイリスト 佐々木智之 〜ぼくらが腕時計に求めること。〜

スタイリスト 佐々木智之 〜ぼくらが腕時計に求めること。〜

Seiko Prospex Fieldmaster LOWERCASE Special Edition

スタイリスト 佐々木智之 〜ぼくらが腕時計に求めること。〜

時刻を確認するだけなら、スマホがあれば事足りる。そんな現代において、腕時計の果たす役割とは? キャンプや登山を愛するアウトドア派スタイリスト佐々木智之さんに、腕時計に対する考え方とその選び方、そして〈LOWERCASE〉がプロデュースを手がけた〈セイコー プロスペックス〉の「フィールドマスター」の新色の印象について聞いてみました。合わせて、この腕時計をテーマにした佐々木さんのスタイリング提案もご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腕時計選びでは「タフネス」を重視。

まずは佐々木さんの “腕時計観” をお聞かせいただけますか。

佐々木ぼくにとって腕時計は “ファッションアイテム” というよりも “ギア” という表現が近いかな。見た目はもちろん大事ですが、それ以上に機能を重視します。いちばん大切な機能は「タフ」であること。自分は仕事でもプライベートでもアウトドアへ出かけることが多いこともあり、ラフに扱ってもビクともしないタフネスを備えたものに惹かれます。

佐々木智之 / スタイリスト

本庄克行氏に師事した後、独立。現在は雑誌『GO OUT』などメンズファッション誌を中心に活動している。ファッションはもとより、キャンプや登山などアウトドアにも造詣が深いことでも知られる。

普段はどういった腕時計をつけていますか?

佐々木アウトドア系やミリタリー系が多いですね。色はブラックとかシルバーとかシックなものが中心。ファッションに合わせて選ぶというよりも、そのときにつけたいものをつけるようにしています。

程よいボリューム感と都会的な雰囲気を兼備。

〈LOWERCASE〉がプロデュースを手がけた〈セイコー プロスペックス〉の「フィールドマスター」から新色が登場しました。こちらを見た印象をお聞かせいただけますか。

Seiko Prospex Fieldmaster LOWERCASE Special Edition

共通スペック:ソーラー充電機能 / 強化プラスチック製外胴プロテクター / プラスチックケース(裏蓋:ステンレス) / シリコンストラップ / 20気圧防水
左:SBEP013 右:SBEP011 ともに¥26,000+TAX

佐々木程よいボリューム感がありながら、主張しすぎず、都会的な雰囲気も備えていますよね。デジタル表示もとても見やすいと思います。カラーは、ブラックのほうはシックでスタイリッシュ。ベゼルにあしらわれたホワイトの目盛りがクールな印象です。スーツスタイルからカジュアルスタイルまで幅広いスタイリングに合わせられると思います。一方のホワイトはやや個性的で、個人的にはこちらのほうが気に入りました。ホワイトのフィールドウオッチはあまり見ないので新鮮な印象です。

つけ心地はいかがですか?

佐々木想像以上に軽くて驚きました。この軽さはアウトドアのフィールドでも重宝しそうです。全体的にボリュームのあるデザインですが、実際に手につけてみるとすんなりと手に馴染みます。また、シリコンのバンドは滑らかで肌触りが心地いいですね。

機能面はいかがですか?

佐々木20気圧防水で耐水性も高く、ソーラー充電なので、定期的な電池交換が不要だったりと機能面は申し分なし。デュアルタイム表示なので海外でも重宝しそう。アンダー3万円というリーズナブルな価格も魅力的ですね。

スーツスタイルからストリートまで。佐々木氏による3つのスタイリング提案。

「Seiko Prospex Fieldmaster LOWERCASE Special Edition」の新色はブラックとホワイトの2色展開。各カラーの持ち味を生かすおすすめのスタイリングを佐々木さんに提案してもらいました。

ビジネスカジュアル

シックなブラックの腕時計がスーツスタイルと好相性。

「機能素材のコートやスーツに、メリノウールのインナー、ビブラムソールのシューズなど、アウトドアのエッセンスをビジネススタイルに取り込んでみました。腕時計はシックなブラックをチョイス。一見普通のスーツスタイルに見えて、実は機能的。そんなスタイリングに、機能的で洗練されたフィールドウオッチがよく似合います」

〈ゴールドウイン〉コート ¥48,000+TAX(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)、 〈デサント ポーズ〉ジャケット ¥33,000+TAX、パンツ ¥25,000+TAX(デサント ブラン 代官山)、〈ジョン スメドレー〉ニット ¥33,000+TAX(リーミルズ エージェンシー)、〈デサント オルテライン〉×〈ポーター〉バッグ ¥39,000+TAX(デサント ブラン 代官山)、〈オルフィック〉シューズ ¥35,000+TAX(アルファ PR)

オフスタイル

ホワイトの腕時計が手元でさりげなく主張。

「上品なシャツとカーディガンをベースに、楽チンなスウェットパンツを合わせたリラックススタイル。アウターのブルゾンは保温性が高いので寒い日でも快適に過ごせますし、足元はゴアテックスなので雨でも安心です。腕時計はインナーのシャツに合わせてホワイトをチョイス。手元でさりげなく主張してくれます」

〈MHW マウンテンハードウェア スペシャリー フォー N.ハリウッド〉ブルゾン ¥59,000+TAX(コロンビアスポーツウェアジャパン)、〈アルク フェニックス〉カーディガン ¥22,000+TAX、シャツ ¥19,000+TAX、ポーチ ¥4,900+TAX(フェニックス クリエイティブ セレクト ストア)、〈ペンフィールド スポーツウエアインク〉パンツ ¥18,000+TAX(ヤマト インターナショナル)、〈カムズアンドゴーズ〉ニットキャップ ¥8,200+TAX(アルファ PR)、〈ロトト〉ソックス ¥1,800+TAX(ジャーミネイション)、〈コンバース〉スニーカー ¥15,000+TAX(コンバースインフォメーションセンター)

大人のストリートスタイル

意外性のある色の腕時計で遊び心を。

「派手なカラーのブルゾンや、太めのデニム、ハイテクスニーカーなど、昨今のトレンドでもある1990年代のエッセンスを取り入れたストリートスタイルです。手元の腕時計はホワイトをチョイス。ホワイトというフィールドウオッチとしては意外性のあるカラーが、主張の強いスタイリングでも存在感を醸し出してくれます」

〈ヘリーハンセン〉ブルゾン ¥34,000+TAX(ヘリーハンセン 原宿店)、〈バンブーシュート〉スウェットシャツ ¥13,000+TAX(バンブーシュート)、〈マーカウェア〉デニムパンツ ¥24,000+TAX(パーキング)、〈ハーシェル サプライ〉ウエストバッグ ¥4,400+TAX(ハーシェル サプライ シブヤ)、〈コムフィ〉ベルト ¥4,000+TAX(ロストヒルズ)、〈リーボック クラシック〉スニーカー ¥15,000+TAX(リーボック アディダスグループお客様窓口)

セイコーウオッチ(株)お客様相談室

電話:0120-061-012(9:30〜17:30 ※土日祝日を除く)
Seiko Prospex Fieldmaster LOWERCASE Special Editionオフィシャルサイト

アルファ PR
電話:03-5413-3546

コロンビアスポーツウェアジャパン
電話:0120-193-803

コンバースインフォメーションセンター
電話:0120-819-217

ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
電話:0120-307-560

ジャーミネイション
電話:06-6585-9660

デサント ブラン 代官山
電話:03-6416-5989

バンブーシュート
電話:03-5720-1677

パーキング
電話:03-6412-8217

ハーシェル サプライ シブヤ
電話:03-6427-1250

フェニックス クリエイティブ セレクト ストア
電話:03-5778-4006

ヘリーハンセン 原宿店
電話:03-6418-9669

ヤマト インターナショナル
電話:03-5493-5651

リーボック アディダスグループお客様窓口
電話:0570-033-033

リーミルズ エージェンシー
電話:03-5784-1238

ロストヒルズ
電話:03-6809-5582

TAG
#SEIKO
#LOWERCASE
#佐々木智之
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top