HOUYHNHNM

FEATURE|アーバンリサーチの手がけるナンガはなぜ一番売れているのか。

アーバンリサーチの手がけるナンガはなぜ一番売れているのか。

Why URBAN RESEARCH?

アーバンリサーチの手がけるナンガはなぜ一番売れているのか。

機能”を一番のプライオリティに置くアウトドアフリークにファンの多い国産シュラフメーカーにして、日本随一のダウンブランドである〈ナンガ〉。真似したくてもできない高品質のダウンを生み出すその技術をベースに、ファッションという価値を上乗せして、近年は多くのブランドやショップの別注アイテムを展開しています。なかでも2010年からという長きに渡る関係を築いてきた〈アーバンリサーチ〉との共作であるダウンが一番売れているという事実に行き当たりました(株式会社アーバンリサーチとしての発注量から算出)。なぜ一番なのか。その理由=製品の魅力について、数ある共作ダウンの中から〈ナンガ×アーバンリサーチ iD〉のダウンを取り上げ考察していきます。

  • Photo_Arata Suzuki(go relax E more)
  • Styling_Naoki Ikeda
  • Hair & Make_Taro Yoshida
  • Model_Patrick
  • Text_Yuta Yagi
  • Edit_Shinri Kobayashi
  • ※価格はすべて税抜き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

01. アウトドアスタイルにもマッチ。

ダウンジャケット〈ナンガ×アーバンリサーチ iD〉¥33,000(アーバンリサーチ iD ルミネエスト新宿店 03-6457-7998)、ベスト〈ハーレー オブ スコットランド×アーバンリサーチ〉¥13,000、 シャツ〈アーバンリサーチ〉¥9,500、パンツ〈アーバンリサーチ〉¥12,000、メガネ〈カネコオプチカル×アーバンリサーチ〉¥17,000、キャップとシューズはスタイリスト私物(すべてアーバンリサーチ 神南店 03-6455-1971)

ダウンジャケットゆえに、アウトドアスタイルにも似合う。このロジックは当然だと思ってはいけません。なぜなら最近巷にあふれるダウンジャケットは、街着仕様を重視してスペックを落としていることが多いから。その点、〈ナンガ×アーバンリサーチ iD〉の定番モデル「AURORA 3LAYER DOWN BLOUSON」は、素材使いはもちろんのこと、ハンドウォーマーポケットやダックテール仕立てといった、本格アウトドア仕様が満載。色もこんなアーシーなものを揃えているから、ガンクラブチェックのシャツにコーデュロイパンツ、登山靴を合わせた、ヘビーデューティ&レトロなスタイルとも非常にマッチします。

02. アーバンスタイルにもマッチ。

ダウンジャケット〈ナンガ×アーバンリサーチ iD〉¥33,000(アーバンリサーチ iD ルミネエスト新宿店 03-6457-7998)、ニット〈ジオトロワーク×アーバンリサーチ〉¥16,800、パンツ〈ズボン〉¥26,000、シャツ〈アーバンリサーチ〉¥10,000、メガネ〈カネコオプチカル×アーバンリサーチ〉¥13,000、モデル着用シューズ〈クレマン×アーバンリサーチ〉¥16800、床置のシューズ〈クレマン×アーバンリサーチ〉¥18500、クラッチバッグ〈リーベ〉¥10,500、ブリーフバック〈リーベ〉¥22,000、(すべてアーバンリサーチ 神南店 03-6455-1971)ニットタイ〈アーバンリサーチ テーラー〉¥16,000、(アーバンリサーチ TOKYO 03-5288-8581)

一方、タウンユースとしても着やすい点も、〈ナンガ×アーバンリサー iD〉のいいところ。「AURORA 3LAYER DOWN BLOUSON」は、ダウンパッキングが見えない三層レイヤー構造を採用。ダウンジャケットにありがちなモコモコで不恰好な印象はなく、見た目もすっきり。コントラストを効かせてキリッとした、こんなモノトーンのオンスタイルにもよく合います。ダウンジャケットでもアウトドア臭を打ち消したスマートな着こなしを作りやすいのが特徴です。

03. 機能性だって充実して使いやすい。

見た目だけでなく、機能性だって目を見張るものがあります。まずはボディのポケットをチェック。ベースとなったナンガのオリジナルモデルに比べて、2倍の容量を誇る優れもの。きちんと2層構造に分かれているから、物を分けて保管できるのも便利なポイントです。また内側にはフリース素材を施していて、ハンドウォーマーとしても機能する真冬に嬉しい仕様にも注目です。

ボディに採用された生地“オーロラテックス”も売れている理由のひとつ。多孔質ポリウレタン防水コーティングを施したことで、抜群の透湿、保温、そして撥水性を誇ります。雨はもちろんのこと、雪が降った日でも快適に暖かく過ごせる、真冬の強い味方となってくれます。

こだわりは細かなところにも伺えます。袖口に配されたベルクロは、フィット感を高めて冷気の侵入を防ぐ、冬アウターに欠かせないディテール。しかし従来のベルクロでは、ニットに引っかかって大惨事、なんて経験がある方も多いのでは。しかしこちらに採用されているベルクロは、三角形の島を噛み合わせるニュータイプ。従来以上の強度を誇るうえ、他の衣服へのダメージもなく使えるのが魅力です。

04. モデルのバリエーションが豊富

ここまでは「AURORA 3LAYER DOWN BLOUSONに特化して、〈ナンガ×アーバンリサーチ iD〉の魅力をお伝えしてきました。ここからは、さらに2タイプのモデルが登場!

インナーダウン〈ナンガ×アーバンリサーチ iD〉¥14,000、パンツ〈アーバンリサーチ iD〉¥12,000、シューズ〈クリアウェザー スケートボーディング〉¥12,000(すべてアーバンリサーチ iD ルミネエスト新宿店 03-6457-7998)、パーカー〈アーバンリサーチ〉¥6,500(アーバンリサーチ 神南店 03-6455-1971)

こちらは、カーディガンタイプ。軽量ナイロンを使った軽やかな着心地がなによりの魅力。真冬なら重衣料の中に着こめばより暖かく、また秋の終わりごろや春先には羽織りとしても重宝します。もし今っぽく着こなすなら、パーカで軽さを出しながら、チェックのスラックスを合わせるのが気分。今季のトレンドでもあってアウトドアが出自のチェック柄が、ダウンジャケットにはよく似合います。

ダウンジャケット〈ナンガ×アーバンリサーチ iD〉¥48,000(アーバンリサーチ iD ルミネエスト新宿店 03-6457-7998)、シューズ〈エスエーエス〉¥29,800(アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店 03-6721-1683)、シャツ〈コセイ〉¥18,000、パンツ〈アーバンリサーチ〉¥12,000、マフラー〈アーバンリサーチ〉¥11,000(アーバンリサーチ 神南店 03-6455-1971)

こちらのソフトシェルタイプもチェック。軽量性、防風性、ストレッチ性能に特化した、特殊加工のポリエステル素材を採用。同じダウンジャケットでも“オーロラテックス”を使ったモデルとはひと味違った着心地と運動性能を実現しました。特にストレッチに関しては想像以上のコンフォートさを感じられ、こんな体勢でも窮屈さなく着用できます。デザインもモッズパーカのディテールを踏襲。ダウンながら街着としてお洒落に着こなせるはずです。

アーバンリサーチ iD ルミネエスト新宿店

03-6457-7998
www.urban-research.co.jp/shop/store25/7_2/

アーバンリサーチ 神南店
03-6455-1971
www.urban-research.co.jp/shop/store1/1_32/

アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店
03-6721-1683
www.urban-research.co.jp/shop/store1/1_33/

アーバンリサーチ TOKYO
03-5288-8581
www.urban-research.co.jp/shop/store1/1_1/

アーバンリサーチ ルクア イーレ店
06-6151-1418
www.urban-research.co.jp/shop/store1/1_43/

アーバンリサーチ オンラインストア
www.urban-research.jp/UR/

TAG
#URBAN RESEARCH
#NANGA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top