CLOSE
FEATURE
エドウインの新生503を盛大に祝した一夜。 新たな衝撃は、華々しいスタートを切る!
EVENT REPORT FOR EDWIN TOKYO HARAJUKU

エドウインの新生503を盛大に祝した一夜。 新たな衝撃は、華々しいスタートを切る!

日本が世界に誇るジーンズメーカーの〈エドウイン(EDWIN)〉。その代表作として知られる「503」モデルが今季新たな装いへとアップデート。そんなブランドをあげての一大トピックスを祝して、2016年にオープンした旗艦店「EDWIN TOKYO HARAJUKU」では、「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2019」の開催日に合わせてショップの装飾が新生「503」仕様に。いち早く話題のジーンズを手に取るべく集まった多くの来場者たち。その熱気あふれる賑わいの瞬間をくまなくレポート形式でお伝えします。

  • Photo_Haruki Matsui
  • Text_Yuho Nomura

今年で11回目を迎える、世界最大規模となるファッションの祭典「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2019」。原宿・表参道エリアを中心に各地のショップやイベントスペースで多彩なイベントが開催されるなか、2016年にオープンを果たした〈エドウイン〉の旗艦店「EDWIN TOKYO HARAJUKU」でも、今季刷新されたばかりの「503」をテーマにした催しが開催されました。

ショップの外観や店内を見てみると、幌に見立ててプリントしたデニムのフラッグやブランドロゴのネオンサイン、お祭りでよく見かける提灯など、楽しげな装飾が目を引きます。

1階ではジーンズはもちろん、Tシャツやスエットにシャツといったアイテムもすこぶる充実。いずれもシンプルながら洗練されたデザインで、ビンテージに負けず劣らずのオーラが漂います。

また店内奥には、新生「503」が生まれたきっかけとなった一本とその誕生秘話が展示によって紹介されています。そうしたプロダクトの背景となるストーリーを伝えていくことも大切にされています。

さらにレジ前のスペースには、同時期に開催されていた「503 BY 5 PHOTOGRAPHERS」という、生まれ変わった「503」を題材に5人の気鋭若手写真家が撮り下ろした企画展の記念フォトTシャツもラインナップ。この日より該当の「503」デニムを購入されたお客さんには、先着でシリアルナンバー入りの特別装丁版イメージブック『503 BY 5PHOTOGRAPHERS』がプレゼントされるとのこと。またとない、この機会にぜひとも手に入れて欲しい!

中央の什器には、ブランドオリジナルのピンボール台も。こうした遊び心あふれる仕掛けも、リラックスして買い物を楽しむための大切な要素なのかもしれません。

そして2階へとあがると、今回の主役でもある「503」シリーズをはじめ、ショップ限定のモデルや定番ラインなどバリエ豊富なラインナップ。ジーンズラバーならずとも見応え十分です。

写真手前のデニムは、かつてヨーロッパ向けに展開されていた海外モデルを、全世界共通モデルとして統一したワールドスタンダードなシリーズ。黒一色に染め上げられたレザーパッチに目を凝らすと、カタカナで“エドウイン”と刻印されています。

こちらはオリジナルのセルビッチデニムを採用し、縫製・加工・仕上げまでの生産工程をすべて国内のデニム職人が仕上げたメイドインジャパンジーンズ。「エドウイン」の直営店のみで販売されるエクスクルーシブモデルです。

陽が沈むにつれ、通常営業から「FNO」仕様に切り替わると、ドリンクやビールが振る舞われ、ノベルティの缶バッジも配布されるなど、スタッフと来場者たちが楽しそうにコミュニケーションを図り、フロアはお祭りムードに。気がつけばファッション感度の高いティーンやカップル、海外からのツーリスト、ブランドのファンを公言するインフルエンサーたちが集まり、エリア随一の盛り上がりを見せていました。

INFORMATION

EDWIN TOKYO HARAJUKU

住所:東京都渋谷区神宮前3-18-23
電話:03-6447-0330
edwin.co.jp