CLOSE
FEATURE | TIE UP
夜の渋谷を彷徨う、アルファ インダストリーズと現代のユース。
NIGHT WANDERING with ALPHA INDUSTRIES

夜の渋谷を彷徨う、アルファ インダストリーズと現代のユース。

アメリカを代表するフライトジャケットの代名詞的存在である〈アルファ インダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)〉。その起源は、ミルスペックによる軍モノのミリタリープロダクトによって形成されながら、現在では若者を中心に、多くのファッションユーザーにとって親しみのあるブランドポジションを確立。今回はフレッシュな感覚でファッションと向き合う東京のユースたちが、真冬の相棒となる新作アウターを身にまとったスタイルサンプルを披露。夜の渋谷を舞台とした、彼ら彼女たち8人のリアルな着こなしを追った。

  • Photo_Kanta Matsubayashi
  • Text_Yuho Nomura
  • Edit_Shun Koda

会社員 寺島和貴さん(24歳)

Jacket:M-65 COAT(PRIMALOFT) ¥21,800+TAX、Bag:MILITARY TRAVEL SACOCHE ¥4,800+TAX、PARKA:Marfa by Kazuhiko Fujita、Pants:US Army、Shoes:Reebok Classic

PROFILE

大手音楽レコードレーベルでアーティストの宣伝を担当する傍ら、パーソナルな取り組みであるZINEの制作を学生時代より継続して行う。近頃、その集大成とも言える自費出版のエッセイ本を発売する予定。また音楽のみならず、ファッションや映画への造形も深く、最近ではスケートボードにも没頭するなど、カルチャーへの見聞を広げる活動に邁進中。
Instagram:@kazukingdomdom

ー 実際にアルファ インダストリーズのアウターを着てみた感想は?

ラフな着こなしにさらっと羽織れるアウターも多く、シーンによってはかっちりとした着こなしのハズしとしても使えそうで、汎用性が高いなと感じました。

ー アルファ インダストリーズに対するイメージは?

ゲームの『スターフォックス』のイメージですね。

ー あなたのライフスタイル、日常で欠かせないクリエイションや活動は?

音楽だけを集中して聴く時間。

ー あなたにとって渋谷はどんな街?

愛と憎。

ー 社会問題でいま最も関心があることは?

ジェンダーやレイシズムの問題。そうしたあらゆる点で他人に不寛容な社会が本当に悲しく感じる。


プリマロフトを採用した軽量の「M-65」タイプのコート。ライトアウター感覚での着用はもちろん、インナーダウンなどのアイテムとのレイヤードも楽しめる一着。主張しすぎないカモ柄のデザインもポイントだ。
¥21,800+TAX

ショップスタッフ、DJ 田波輝さん(21歳)

Jacket:B-3 SHEEP SKIN ¥165,000+TAX、T-Shirt:Used、Pants:Used、Shoes:Simple

PROFILE

ファッションをこよなく愛し、普段は渋谷の老舗古着店で店長を務めながら、休日はスケートボードを楽しみ、都内のクラブではDJとしても活動。さらに近年ではそのフォトジェニックな佇まいから、モデルとしての活躍も盛んに。そんなマルチなクリエイションを持った彼は、ユース世代を代表する存在としても知られている。
Instagram:@rideonclouds

ー 本日の着こなしのポイントは?

高級感のあるレザーのB-3ジャケットをあえて土臭い古着のアイテムとミックス。襟元を立たせて自分のスタイルに合わせて着こなしています。チンストラップはあえて閉じることで、風を通さないので暖かいんです。

ー 実際にアルファ インダストリーズのアウターを着てみた感想は?

しなやかで柔らかいレザーの質感と、ファーの触り心地が良かったです。普段B-3ジャケットは肩幅のある自分が着るとゴツくなり過ぎるイメージなのですが、レザーが柔らかいため肩がしっかり落ちるところもポイント。

ー ミリタリーアウターを街で着こなす際に意識していることは?

コスプレにならないように、あえてクラシックなレザーシューズやスラックスなどと合わせて、土臭さやいなたさのバランスを取ること。またアーミーグリーンのミリタリーアウターはオレンジや赤、黄色などの色をコーディネートのポイントに加えることが多いですね。

ー 冬に聴きたい音楽

カントリーな曲とか聴きたくなるので、The Little Williesの『I Gotta Get Drunk』とか良いですね。

ー あなたにとってInstagramはどんな存在?

簡単だけど、自分を表現するのにとても重要なツール。また多くの人がそれを見て、信じて、流されるモノ。上手に使えば思いもよらない価値を生むこともあるので、最近はパーソナリティのひとつとして捉えてます。


1930年代に陸軍航空隊の寒冷地用ユニフォームとして採用されていた「B-3 TYPE」のフライトジャケット。経年変化を楽しめるシープスキンを使用し、着心地や保温性を高めるボアも随所に配すなど、機能性も申し分なし。襟元はスタンドカラーで合わせることも可能。
¥165,000+TAX

INFORMATION

アルファ インダストリーズ

電話:0120-008-503
alpha-usa.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加