CLOSE
FEATURE
ベイクルーズが地方ローカルでフェスをやる理由。
BAYCREW'S FESTIVAL IN KYOTO

ベイクルーズが地方ローカルでフェスをやる理由。

ベイクルーズグループの創立40周年を祝し、名古屋、京都、仙台、福岡の計4都市を巡って開催されるスペシャルイベント「ベイクルーズフェス」。8月に行われた第1弾の名古屋は、初開催とは思えぬ大盛況ぶりでスタートを切りました。そして10月5日、お次は場所を京都・嵐山に移し、第2弾を開催。ベイクルーズブランドの出店はもちろん、ご当地ならではのショップも肩を並べた会場には、感度の高いお客さんがわんさか集まりました。“ファッション”をテーマに、工夫を凝らしたコンテンツが用意され、まさに京都らしさが凝縮されたフェスの模様をレポートします。

  • Photo_Ryosuke Yuasa
  • Text_Arisa Sato
  • Edit_Yosuke Ishii

街並み+ヒト+モノ。溢れんばかりの京カルチャー。

嵐山の麓を流れる桂川。味わい深い風景に、京都を感じます。

第2弾の会場に選ばれたのは京都にある法輪寺。近くにある渡月橋からは、嵐山をバックにあちこちに屋形船が進み、まさに京都の風情を感じます。

”京の着倒れ”と称されるほど、昔からファッション文化が根付いている街、京都。そんな地元の運営者たちが、“ファッション”をテーマに掲げたフェスで教えてくれたのは、先のことわざの意味通り、“衣服にお金を惜しまない”ということではない、新しい着道楽の在り方でした。

「BAYCREW’S FESTIVAL」の大きな提灯が来場者をお出迎え。
法輪寺にはベイクルーズフェスのテーマでもある「Not Smart, But Creative」の看板が飾られました。

この日は雨予報だったにも関わらず晴天に恵まれ、嵐山の景色を一望できる高台の会場は、空気が澄んでいて最高のロケーション。オープンの11時前にはすでに来場者が列をつくり、その後も多くのお客さんが訪れ、大いに賑わいをみせていました。

ベイクルーズブランドのほか、関西圏のショップが軒を連ねる出店ブース。多くの来場者で賑わっていました。

まず気になったのは、出店ブース。「京提灯・小嶋商店」による提灯づくりのワークショップや、京都のブックストア「ユイブックス」から厳選したアート本やZINEが並ぶなど、関西にしかないローカルショップが軒を連ねています。

フードやワークショップも充実していました。写真の射的は、ご購入者に向けたサービス。
こういったお祭りならではのレクレーションは楽しいし、気分も盛り上がる!

その他にも、会場限定の家具のオークションや、ベイクルーズならではのマーケットやフードなども目白押し。

“カラダ以外は縛られたくない”がモットーのシュールなキャラ「きっこうちゃん」の京都限定デザインを自分でTシャツにプリントできたり、お買い上げのレシートで射的に挑戦して最大20万円相当のアイテムがもらえる「ファッション射的」があったりと、体験型且つこの土地限定のブースもたくさん見られました。

沖野修也(Kyoto Jazz Massive)

Licaxxx

フェスを盛り上げるDJ陣も実に豪華。
上記のほかにもtofubeatsやKENNY & AKUN from SPiCYSOL、DJ HASEBEなどなど、彼らのプレイに会場が沸きます。

会場に設置されたステージでのトップバッターは、MANZAI SHOWと題し、ラフ次元、きみどり、エンペラーの関西を中心に次世代を担う若手漫才師3組がオープニングアクトを飾った。その後のステージでは、オシャレな音楽が会場を盛り上げます。

数々のフェスやイベントに引っ張りだこのtofubeatsやLicaxxxを始め、兄弟DJユニット・Kyoto Jazz Massiveとしても知られる沖野修也や、テラスハウスで注目を集めたSPiCYSOLのKENNYなど、多くのアーティストが参加。彼らの音楽に包まれながら、日が沈んでゆく京都の情景を眺め、ビール片手に揺れる来場者たち。まさにフェスならではのひと時です。

夜の寺社が醸す、神秘的なファッションショー。

日が落ちると、今回のフェスの目玉とも言えるファッションショーに合わせて、境内の中心に人々が集まってきました。そこには大人子供に限らず、お年寄りや外国人もちらほら。

いよいよショーがスタートすると、真っ暗な境内を幻想的にライトアップした石段のランウェイに、光根恭平、比留川游、紗羅マリーをはじめとする総勢30名のモデルが続々と登壇。ベイクルーズブランドの新作コレクションに身を包み、お寺の本堂に向かって歩く様は、普段ではなかなか見ることのできない神秘的な光景。

フェス全体の大きなテーマである「Not Smart, But Creative」のネオンがライトアップされた本堂にモデルが勢ぞろいすると、来場者はますます釘付けに。木々に囲まれ、独特の静けさを感じる中で行われたファッションショーは、京都の品性も感じる新鮮なステージでした。

INFORMATION

BAYCREW’S FESTIVAL

仙台 × PLAY
日時:2019年11月2日(土)
場所:楽天生命パーク宮城 スマイルグリコパーク
住所:宮城県仙台市宮城区宮城野2-11-6

福岡 × DELICIOUS
日時:2019年11月9日(土)
場所:天神中央公園 西中州エリア

カスタマーサポートセンター
TEL:0120-301-457(土日祝日、年末年始を除く10:00~17:00)
baycrews.jp/event/40th/fes/