CLOSE
FEATURE
待望のウォータープルーフモデル。ドクターマーチンの新作を徹底解説。
8 EYE BOOTS FOR THE RAIN

待望のウォータープルーフモデル。ドクターマーチンの新作を徹底解説。

テクノロジーはもちろん、スタイルにおいてもエポックメイキングなブーツを創造、イギリスを代表するシューブランドのポジションにのぼりつめた〈ドクターマーチン(Dr.Martens)〉が自ら “革新的” と謳うブーツを完成させた。グッドイヤーウェルテッド製法特有の弱点をすっきり克服してしまった名作「1460 8 ホールブーツ」のニューカマーは、おそらくその製法を採ったフットウェアにおいて、もっとも雨に強い。

  • Photo_Yuhei Kudo(S-14)
  • Styling_Shota Iigaki
  • Model_Kou
  • Text_Kei Takegawa
  • Edit_Ryo Muramatsu

防水ガスケット×ヒートシーリング

〈ドクターマーチン〉の名作「1460 8 ホールブーツ」にウォータープルーフモデルがラインナップされた。アッパーに撥水加工を施したレザー、ライニングには〈ドクターマーチン〉が独自に考案したドライウエアを採用。ドライウエアはPFC(フッ素系化学薬品、パーフルオルカーボン)フリーのポリウレタンで、防水透湿機能を有するメンブレンだ。

なかでも見逃せないのが、底まわり。底付けにグッドイヤーウェルトという複式縫いを採っている〈ドクターマーチン〉は、糸を伝って水が染み込む可能性が0とはいいきれない。これを防ぐべく完成させたのが、当モデル最大の見どころだ。

肝は防水ガスケット(固定用シール材)をヒートシリングによって熱融着させる構造にある。これにより、すべてのミシン目がパーフェクトにガードされた。水も漏らさぬ、とはまさにこのことであり、自ら革新的と謳いたくなるのももっともだ。

ブーツのサイドについたプレートとソールには “WATERPROOF” の文字を施している。
1460 WATERPROOF 8EYE BOOT ¥26,000+TAX(11月14日、全国の「ドクターマーチンストア」及び、オフィシャルのオンラインストアで発売開始)

あらためて〈ドクターマーチン〉のこれまでを振り返ってわかることは、つくづく “革新” という賛辞が似合うことだ。

〈ドクターマーチン〉のアイコンであり、無数のフォロワーを生んだエアクッションソールは好例だろう。文字どおりラバーに空気を閉じ込めることに成功したそのソールはドイツ人のクラウス・マルテンス博士の手になるもの。マルテンスは幸か不幸か休暇中のスキーで足を骨折、自らを実験台にしてその画期的なソールをつくりあげた(〈ドクターマーチン〉は英「R.グリッグス」社がその技術を買い取って立ち上げたブランドだ。マーチンはマルテンスの英語読み)。

安全第一の作業現場からファッションへ──という広がりかたも〈ドクターマーチン〉は先鞭をつけた存在といっていい。スキンヘッズ、そしてThe Whoのピート・タウンゼントが履いたのをきっかけに〈ドクターマーチン〉はミュージックシーン、ファッションシーンになくてはならない存在になった。

当モデルは、そのような道のり歩んできた〈ドクターマーチン〉だから可能となったもの。60年の歴史に思いを馳せて足を滑り込ませれば、踏み出す一歩も大きくなるはずだ。

そしてここが肝心なところだけど、その路面がたとえ濡れていたとしても、ひるむことはない。

INFORMATION

ドクターマーチン・エアウエア ジャパン

電話:03-6746-4860
jp.drmartens.com


インターナショナルギャラリー ビームス
電話:03-3470-3948

カルネ
電話:03-6407-1847

グリニッジ ショールーム
電話:03-5774-1662

シップス 銀座店
電話:03-3564-5547

デサント ブラン 代官山
電話:03-6416-5989

ビームス 六本木ヒルズ
電話:03-5775-1623

真下商事
電話:03-6412-7081

メイデン・カンパニー
電話:03-5410-9777

ワイルド ライフ テーラー
電話:03-5728-6320