CLOSE
FEATURE
最近また人気を集めているデウス・エクス・マキナに行ってみた。
Me time in Deus Ex Machina.

最近また人気を集めているデウス・エクス・マキナに行ってみた。

ヴィンテージバイクやサーフィン、スケートボードをルーツに持つ、オーストラリア発の〈デウス・エクス・マキナ〉が、最近また人気みたい。1階のカフェでは昼夜問わず人がいっぱいだし、毎週金曜の夜だけ開いてる地下1階のギャラリーバーでは頻繁に注目アーティストが個展を開催してるらしい。普段からフラっと立ち寄ることが多いという俳優の春日潤也さんと、2階のアパレルショップに並んだ秋冬の新作をチェックしがてら、一緒にお店に行ってみました。

  • Photo_Haruki Matsui
  • Text_Jumpei Ichikawa

PROFILE

春日潤也
かすがじゅんや

1982年生まれ。レプロエンタテインメント所属。俳優として、モデルとして数多くのメディアや広告、映像作品に出演。今年から地元の島根と東京を行き来するデュアルライフを満喫中。根っからのスケーターで、他にもサーフィン、釣り、ヨガなど、アクティブに日々を楽しむ万能人。
Instagram:@junya_kasuga

あらためて、〈デウス・エクス・マキナ〉ってどんなブランド?

元々はオートバイのカスタマイズブランドとしてスタートしました〈デウス・エクス・マキナ〉ですが、現在はバイクを中心にサーフィンやスケートボードをはじめとした、ストリートカルチャーを扱うライフスタイルショップという位置付け。日本店は、「ユナイテッドアローズ 原宿本店」の裏手、キャットストリート沿いに2014年にオープンしました。以前は古着屋の「サンタモニカ」があった場所です。店内は地下1階から2階まで3フロアで構成。撮影当日もご覧の通り、海外のお客さんで賑わっていました。


まずは2階のショップで
秋物をチェック。

少しずつ肌寒くなってきて、そろそろ秋冬物が気になる時期。ということで、まずは2階に上がって新作ラインナップを下見。ずらっと並んだニューアイテムをゆっくり吟味しながら店内をウロウロ。服を見ている間にふと目に入ってくるのが、壁面に飾られたアートピースやポスターの数々。春日さんはそちらの方にも興味津々のご様子。

さっそく気になるアイテムを発見したようで、いくつかピックアップして更衣室へGO。「やっぱり試着はした方がいいよね。見た目の印象と着たときの印象って全然違う」とご本人。ちなみに春日さん曰く、スウェットやパーカ系にとりわけ気になる物が多かったようで、他より入念にチェックしてるのが印象的でした。

INFORMATION

Deus Ex Machina HARAJUKU

住所:東京都渋谷区神宮前3-29-5
電話:03-5413-3949
時間:9:00~20:00(カフェ)、
19:00~23:00(バー/毎週金のみ)、
11:30~20:00(ショップ)
shop.jp.deuscustoms.com