CLOSE
NEWS

日常の何気なさと心地よさ。ラウンダバウトのシーズンビジュアルが届きました。

2

マーケティングで出来上がるものはつまらない、なんてよく言われますが、正直その是非はよくわかりません。でもデザイナーが「今自分が着たいものを純粋に作った」と聞くと、やはり興味がわいてきます。

1

藤原裕和さんが手がける〈ラウンダバウト(roundabout)〉は、2017AWの今シーズンもテーマを設けず、「自分のその時作りたいものを作る」ということに徹してアイテムを作っています。

一聞すると簡単なように聞こえますが、それは自身が服好きとして、ちゃんと世の中にアンテナを張っているという自覚なくしては、できないことなのではないでしょうか。いい年齢の男は好きなものはころころとは変わらない、でも同じところに停滞せず、ちゃんとアップデートしていく。そんなスタイルを〈ラウンダバウト〉からは感じます。

いつもの阿吽の呼吸を知り尽くしたスタッフで作った、シーズンビジュアルが届きましたので、どうぞ。

9

8

10

11

7

6

いくら太くなろうとも、シルエットの美しさは変わらないバギーパンツが個人的には気になります。

ビジュアルを見ても、やはり何気ない日常の中でこそ活きる服かと。そして気負いがなく、気持ちいい。

ぜひ毎日のワードローブに加えてみてください。

Photo:Naoya Matsumoto
Styling:Masataka Hattori
Hair&make-up:AMANO
Model:ILLIAN、HALIL
Text_Shinri Kobayashi


roundabout
www.roundabout-route.com

TOP > NEWS