CLOSE
NEWS

連載「憧れの逸品」No.56 グッチが生んだフランケンはスウェットを着る。

自身の首の複製を抱えて闊歩するモデル。ランウェイの中央に置かれた手術台。観客の度肝を抜いた〈グッチ(GUCCI)〉の2018-19年秋冬コレクションはさながらクリエイティブ・デイレクター、アレッサンドロ・ミケーレ本人の開頭手術の趣もあった。

アメリカの学者、ダナ・ハラウェイが1985年に発表した論文『サイボーグ宣言』はフェミニズム理論に一石を投じて評価された。この論文をインスピレーション源に服のあり方を見つめ直したミケーレは、映画会社や野球チームのロゴ、インドのターバン、日本の漫画などさまざまな文化を縦横無尽に切り取り、縫い合わせてボーダーレスなコレクションをつくりあげた。

ショー終わりのインタビューでミケーレはこう語ったといわれている。私たちはみな、自らのフランケンシュタイン博士です──。そこには世の中に迎合することなく、己が信じる、こうなりたいと願う自分を主体的に楽しもうよ、という思いが込められている。

21世紀のフランケンシュタインは、スウェットを着た。それはアメリカン・カジュアルをこよなく愛するミケーレらしいチョイスであり、性差を無効とするチョイスである。


HOODIE WITH “PIRATES” & “GUCCI” EMBROIDERY ¥158,000+TAX


JOGGING PANTS WITH “GUCCI” LOGO ¥83,000+TAX


ZIP UP HOODIE WITH “NY” & “GUCCI” EMBROIDERY ¥170,000+TAX


JOGGING PANTS WITH “GUCCI” & “NY” LOGO ¥98,000+TAX

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Kei Takegawa
Edit_Ryo Muramatsu


グッチ ジャパン カスタマーサービス
電話:0120-88-1921
www.gucci.com

TOP > NEWS