CLOSE
NEWS

とんでもない逸品に彩られたバーニッシュの10周年がとにかく華やかです。

ウェルメイドなものを丁寧に発信してきた、代々木上原の良心こと「バーニッシュ(Burnish)」が、この度めでたく10周年を迎えます。

こうしたタイミングで記念の別注アイテムが発売されること自体は珍しくないのですが、今回はその内容がやばすぎです。駆け足でご紹介していきます。

まずは泣く子も黙る〈オーラリー(AURALEE)〉。

左 ¥22,000+TAX、 右 ¥26,000+TAX(メンズ)

左 ¥26,000+TAX、右 ¥22,000+TAX(ウィメンズ)

インラインでは存在していなかったホワイトで、人気のスウェットをカラー別注。ホワイトがなかった理由としては、この生地は綿とハイバルキー糸(アクリル)の混紡なのですが、従来の染色だと薬品にアクリルが反応を起こし全体的に黄色くなってしまうそう。そこを今回は特殊な薬品でトライし、見事にキレイなホワイトが完成と相成りました。

メンズはリブスウェットとパーカの2モデル。 レディースはパーカとスウェットのリブをカットオフしたタイプが揃います。

お次は匠のクリエイションが光る〈サイ(SCYE)〉。

¥70,000+TAX

定番のダブルブレザーをベースに光沢感のある上質なネイビー生地を使い、ボタンはすべてゴールドに。裏地は「バーニッシュ」のイメージカラーであるバーガンディーで、アイビーになりすぎない仕上がりとなりました。

¥24,000+TAX

ボトムもあります。インラインで展開しているスラックスをベースに10.5ozデニムをオン。センターのタックを外し、細かくグレーディングにまで手を入れたドレス顔の一本です。


ダッフルコート ¥280,000+TAX、マフラー ¥18,000+TAX

「バーニッシュ」といえば〈フィルメランジェ(FilMelange)〉です。生地から別注したボアコートは、中国の内モンゴル自治区にあるアラシャン地区のカシミア山羊の内側のうぶ毛のみを使用したなんとも贅沢な一着。

独特なぬめり、絹のような光沢と抜群の肌触りが特徴で、 優れた保温性をキープしながら軽量という文句のつけようのない一張羅になりました。共生地のマフラーも。

デニムジャケット ¥32,000+TAX、デニム ¥22,000+TAX

デニムジャイアンツへに敬意を払いつつ、今日的なクリエイションを続けるデニムブランド〈ウエストオーバーオールズ(WESTOVERALLS)〉。

今回はデニムパンツの「801S」のストレートタイプと「877Z」のデニムジャッケットのポケット部分に、ハラコを使用したモデルを別注しました。

このマリアージュがミスマッチとならず、モダンな雰囲気へと昇華しているのが素晴らしいですね。

¥65,000+TAX

一際違った顔の〈トリッカーズ(Tricker’s)〉も。アルバートスリッパと言われるスリッポンタイプの「チャーチル(Churchill)」は、19世紀中盤から後半にかけてイギリスの絶頂期に君臨した、ヴィクトリア女王の夫君のアルバート公が室内履き用のシューズとして愛用していたものをモデルとしています。

今回はアッパー部分にウエスタン調な刺繍を施し、新鮮な表情へと生まれ変わりました。

左:レディース ¥34,000+TAX、右:メンズ ¥34,000+TAX

お次もシューズ。現在では希少な製法ハンドソーンウェルテッド製法を採用しながらも優れたコストパフォーマンスで 人気を不動のものにした〈ジャラン スリウァヤ(Jalan Sriwijaya)〉。

代表モデルのビットローファーとメンズローファーを型押しレザーで別注。 一見すると艶っぽい雰囲気ですが、実際に履いてみると悪目立ちしない、ちょうどいい存在感となっています。メンズはクロコダイルとグレインレザーの型押しコンビ。

最後に登場するのは〈ヤング&オルセン ドライグッズストア(YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE)〉。

¥9,500+TAX

ブランドが得意とする〈アウトドア プロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)〉のウエストポーチに、U.S.NAVYのオリジナルデジタルカモを載せ替え! キュートな蛍光のブランドロゴに、男っぽい生地を合わせると、なんだか新しいスタイリングとなりました。

というわけで、とんでもないボリュームの別注アイテムたち。それぞれのブランドの持ち味を十二分に活かしつつ、ショップのカラーを自然に練り込む手腕はさすがの一言です。

正しい洋服屋の形を体現している「バーニッシュ」だからこそ、これだけのブランドが力を貸してくれるということなんでしょう。

Text_Ryo Komuta


バーニッシュ
住所:東京都渋谷区西原3-5-4
電話: 03-3468-0152
営業:11:00〜20:00 月曜定休

TOP > NEWS