CLOSE
NEWS

寒さとはこれでサヨナラ! 高いパフォーマンスを発揮するクロームのメリノウールコレクションが秀逸。

〈クローム〉メリノウール コブラ フーディ 各¥20,000+TAX

クローム(CHROME)〉というブランド名を聞いて真っ先に思い浮かぶのはメッセンジャーバッグでしょう。このブランドがつくるバッグの数々は、自転車乗りたちだけでなく、トラベラーやストリートのキッズたちのあいだでも評判なのは、もはや周知の事実です。でも、実はアパレルウェアも充実していることを知っていますか? 今回はメリノウールを使用したミッドレイヤーのウェアや、アームウォーマー、ソックスなどの服飾雑貨類をご紹介します。

メリノウールといえば、通常のウールよりも格段に肌触りがよく、透湿や保温、防菌性能が高いのが特徴。もちろん、防寒性に関しても文句なし。素材そのものが持つ特性を活かしつつ、〈クローム〉独自のアイデアとデザイン力で自転車でのアクティビティはもちろん、普段使いもしやすいアイテムへと昇華させた逸品揃いのコレクションです。

まずはフーディーから。体に沿うような気持ちのいいフィット感と、袖丈は長めに設計。自転車に乗っているときも袖がしっかりと腕をカバーするシルエットに仕立てられています。もちろん、サムホールも配備されているので、袖が捲れ上がってくるという心配もありません。左右の見頃にはそれぞれふたつづつポケットが付いていて、裏側はメッシュになっているので通気性も抜群。加えて右手首の上部分にはキーフックが付いたジップポケットもあるので、チェーン用の鍵をなくすこともまずないでしょう。

〈クローム〉ウール クルーネック LS シャツ 各¥8,000+TAX

続いてはこちらのクルーネックシャツを。一見するとなんの変哲もないアイテムですが、メリノウールとバンブーレーヨンの混紡生地が採用されているので、吸放湿性や防菌防臭性が格段にアップしているのが特徴。数日間着続けることも可能です。匂いも気になりません。ということは、自転車に乗るときはもちろんですが、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍してくれそうですね。ベーシックなデザインに仕上がっているのもうれしい限り。

左から、〈クローム〉ストライプド メリノソックス ¥2,000+TAX、クルー メリノソックス ¥2,000+TAX、ノーショウ メリノソックス ¥1,800+TAX、アームウォーマー ¥4,000+TAX、リバーシブル メリノゲイター ¥4,000+TAX

そして、ウェアだけでなく小物類も充実しているのはさすがのひと言。シンプルで使いやすいデザインのソックス類に加え、アームウォーマーやネックゲイターもラインナップしています。足や首など肌に触れる部分に合わせてウールの混率を変えて肌触りを調整するなど、細かなところまで抜かりのないつくりになっています。

11月も半ばになり、ようやく寒さの兆しが見えてきた今日この頃。気温が下がってから慌ててインナー類を探すのではなく、周到に準備しておきたいもの。確実に冬の足音は近づいています。風邪を引く前にまずはこのメリノウールのコレクションで暖をとりましょう。

Text_Yuichiro Tsuji
Edit_Jun Nakada


CHROME TOKYO HUB
住所:東京都渋谷区神宮前6-11-1 Tフレーム原宿1F
電話:03-6427-4231
時間:平日・土日祝日 11:00~20:00(不定休)
www.chromeindustries.jp

TOP > NEWS