CLOSE
NEWS

横尾忠則の最新画集 『カルティエ そこに集いし者』の刊行を記念し、貴重なサイン会が実施されます。

神秘的でオカルティック、そして特徴的な色使い。日本を代表する美術家・横尾忠則さんの作品は、いつ見てもドキっとさせられるし、作品の意味を考えさせられてしまいます。

そんな横尾さんが、カルティエ現代美術財団30周年記念展(2014年)に際して、本国の依頼のもとに制作した『カルティエ そこに集いし者』が昨年12月に刊行されました。

横尾さんが描いた世界各国を代表するアーティストの肖像画、総計119点を収録したオールカラー画集。ヨーロッパ諸国のみならず、南米やアジアまで、世界各国のアーティストを収録しています。日本人では北野武、村上隆、三宅一生、荒木経惟、森山大道ら錚々たる面々の肖像を収録。

そして、本書の刊行を記念し「代官山 蔦屋書店」にて、横尾さん本人がサイン会を実施します。参加資格は「蔦屋書店」のオンラインストアで本書を予約すること。定員は80名です。

本人に会えるたいへん貴重な機会です。横尾フリークのみなさん、お見逃しのないように!

Text_Keisuke Kimura


横尾忠則『カルティエ そこに集いし者』刊行記念サイン会
会期:2月1日(金)
時間:18:00〜19:30
定員:80名
場所:代官山 蔦屋書店2号館1階ブックフロア
住所:東京都渋谷区猿楽町17-5
参加方法:代官山 蔦屋書店にて、サイン会参加対象商品『カルティエ そこに集いし者』を公式オンラインストアにて予約した方
real.tsite.jp/daikanyama/event/2019/01/post-782.html

TOP > NEWS