CLOSE
NEWS

60年代のアメリカを感じるプロダクト。TAGS WKGPTY PRODUCTIONSの2019SSコレクション。

グラフィティカルチャーのアート性とメッセージを落とし込むことに定評のある〈タグスワーキングパーティープロダクションズ(TAGS WKGPTY PRODUCTIONS)〉。2019SSコレクションのテーマは「Warehouse」です。そこにアメリカの60年代の要素を注入し、いい具合で力の抜けたコレクションに仕上がっています。

特徴的な女性の肖像は、60年代のアメリカの週刊誌『ライフ』に掲載されていた広告がモチーフ。「up up and away」は、当時のアメリカの航空会社のコピーで「もっと高く、遠くへ」を意味します。

また、1968年に創刊された雑誌『Avant Garade』で使われていた書体やウッドカリグラフィーを用いるなど、華美な装飾はありませんが、こだわりが随所に見て取れます。シンプルなデザインながらもひねりのあるアイテムは、春夏のコーディネートに一役買ってくれるでしょう。

アメリカの60年代といえば、ベトナム戦争がはじまり、そのカウンターとしてフラワームーブメントが花開き、ケネディ大統領やキング牧師が暗殺されるなど、現代アメリカ史でも特に濃密な時代。こういった背景も踏まえ服を着るのも、一興ではないでしょうか。

Text_Keisuke Kimura


Morioka design Office
住所:東京都渋谷区神宮前3-42-8-208
電話:03-6438-9604
www.moriokadesignoffice.com

TOP > NEWS