CLOSE
NEWS

ステュディオ・ダ・ルチザンがキーワードに決めたのは、ヘリテージ。ジーンズの歴史を巡る40周年記念アイテムに続編。

ブランドが40周年を迎えることは容易ではありません。奥深くて終わりのないジーンズの世界で、歴史と現代を結ぶことで玄人を唸らせているブランドが〈ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D’ARTISAN)〉です。

現在、ブランド40周年の記念アイテムが順次発売中。前回は、第二次世界大戦中のジーンズを再現したモデルや、日本の古典を刺繍に落とし込んだスカジャンなどを紹介しました。そして、記念アイテムのリリースはまだ続くのです。

40thヘリテージジーンズ
¥25,800+TAX(38、40インチは¥27,800+TAX)

今回はまずは、1920年代、ダンガリーズといわれたビブオーバーオールをデザインのベースにした一本をご紹介。股上が深く設定されていてゆとりのあるレギュラーストレートシルエットです。ビブ(胸当て)をカットして作られたジーンズが意識され、通常の5ポケットジーンズにみられるベルト帯を省いてあるのが特徴で、タックインしたときもスッキリとした印象に映ります。

細かくステッチが入り、縫製のカラーにベージュが使われることでどこかアンティークのよう雰囲気も。素材はジンバブエコットン100%で、中でも茶綿のみが選りすぐり使用されることでさらにクラシカルな風合いが漂います。

40thヘリテージデニムジャケット ¥27,800+TAX

続いては1900年代初頭に誕生した「1stタイプ」と呼ばれるデニムブラウスを参考にされたデニムジャケット。フロントヨーク巾が狭く設定され、まだワークブラウスとしてのなごりを残したデザインに。

100年以上前のアイテムがイメージソースのため、泥臭くサビた感じに仕上がりつつも、現代的なシルエットに落とし込まれることで高級感が強いジャケットに昇華されています。

40thヘリテージデニムシャツ ¥17,800+TAX

最後は、20世紀初頭のヴィンテージバンドカラーシャツがモチーフの一着。控え目にとった小ぶりな衿元がクラシックな雰囲気を演出してくれます。裾まわりのカッティングは当時のディテールを参考に、タックインしてもきれいに見えるように考えられています。

生地には柔らかさと光沢を持ち合わせた6.5ozのジンバブエコットンが採用され、経年変化でヴィンテージや超える風合いに変化していくのもデニムを楽しむ上での重要なポイント。ストーンバイオウォッシュ加工を施され、柔らかな素材感と着込んだような痩せたデニムの風合いを楽しめます。

今回の記念アイテムも、ジーンズに魅せられた人たちにとっては、たまらない出来なのではないでしょうか。気になった方は、オンラインストア店舗を早速のぞいてみてください。


STUDIO D’ARTISAN
www.dartisan.co.jp

TOP > NEWS