CLOSE
NEWS

ストラップがあるようでない。テバの新作サンダルは、すべて一体化しています。

アメリカを代表する国立公園グランドキャニオン。1984年、そこを流れるコロラド川のリバーガイドが作ったのが〈テバ(Teva)〉であり、同ブランドを代表するストラップサンダルでした。

2019年は、グランドキャニオンがアメリカの国立公園に認定されて100年というアニバーサリーイヤー。そんな訳で〈テバ〉の今シーズンのテーマは「BORN IN THE CANYON」、「グランドキャニオンで生まれた」ということに立ち返ります。

HURRICANE DRIFT 各¥4,800+TAX

新作のなかで特に注目なのが「ハリケーン」のニューモデル「ハリケーン ドリフト」。いままでの「ハリケーン」といえばアッパーに配された布製のストラップとソールで構成されていましたが、「ハリケーン ドリフト」はストラップもソールもすべてEVA素材。足首のみ面ファスナーで調整可能です。一体化したことで本当に軽くなり、ケアも簡単、財布にも優しくなりました。

発売は3月1日(金)からです。〈テバ〉の定番となりそうな本作、ぜひ店頭で確認を!

Text_Keisuke Kimura


デッカーズジャパン
電話:0120-710-844
jp.teva.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS