CLOSE
NEWS

迫り来るブレグジットに思いを馳せて。写真家金玖美の写真集『EXIT』が刊行されます。

2019年3月29日はBREXIT(ブレグジット)、つまりイギリスがEU離脱へと舵を切るとされている日です。離脱が決まった日から、今の今まで喧々諤々、様々な議論が交わされており、この先イギリスがどんな道をたどるのかは、誰にもわからない状態となっております。

そんななか刊行される、写真家金玖美の写真集『EXIT』。自身が幼少の頃から思いを馳せたというイギリスで、2004年より15年間、市井の人々と情景を撮り続けたものが一冊にまとまったものです。

ブレグジットには、移民を減らして、多様性を制限しようとする側面があるのは確か。それにより英国の多文化、多民族への寛容さが失われることを金玖美は憂慮し、本作の発表に至ったとのこと。

本作には、国境やジェンダーを越えた人々の日常に寄り添うことで、よそいきではないイギリスの姿が克明に映し出されています。また被写体との距離感には、親密さの度合いに関わらず俯瞰的なものが感じられます。そこには見る人がそれぞれの思いを巡らせるきっかけとなるように、という願いが込められています。

ブレグジットは遠く離れた国の出来事ではありません。バタフライエフェクトではないですが、世界中で進む右傾化は確実に日本をも包んでいます。それ自体をどのように咀嚼し、そしてどう動くか、そうしたことを熟慮する契機になるような作品なのではないでしょうか。

今回の写真集の発売を記念し「BOOTLEGGALLERY」では写真展「EXIT」が開催されます。

最後に作家の言葉を掲載しておきます。

4、5歳の頃に姉と繰り返し読んでいた本の中に出てきた、イギリスの地名にずっと惹かれ、いつか行ってみたいと思いを馳せた。空想の中で惹かれていた英国へ、20歳の時に初めてひとりで訪れる。その10年後、暫時居住することになり、そこは私にとってもはや幻想ではなく、 現実の世界となった。
渡英後すぐに始めた家探し中に見つけた楽しみ。
部屋の内見をしながら、人々の生活を覗き見る。写真を撮る。
そして一緒に暮らしてみる。
国境をも超えた、全くの他人同士の暮らし。個々の部屋に鍵はない。
様々なルーツを持つ移民や、性差を超えた男女たち。 単身者、カップル、家族…。 ちょっとシャイでポリティカル。そして温かく、無干渉。
2016年のBrexitをめぐる国民投票後、30万人もの移民がすでに英国を去ったという。
残留の一票を投じるために、家族を守るために、英国籍に変えたドイツ人男性。金があればEU離脱なんてどっちでもいいと言う黒人青年。不法占拠を続け、その暁にフラットを自分のものにしたイギリス人画家。 初めて会ったその日に「家で子供を産むから写真を撮りに来ない?」と持ちかける妊婦。EU離脱というより日々の生活が心配だと嘆く若きシングルマザー…。
これらは2004年から2018年までの間、ロンドンを中心に撮影しており、国民投票後の2016年以降はドーヴァー、マンチェスターへも足を延ばした。自身の私的なドキュメンタリーから生まれた1枚1枚の写真に潜む、愛すべき他人たちのストーリーを想像していただければ幸いである。
2019年3月29日を目前に、未だ混沌としている英国。Brexitが引き起こす変化が移民を淘汰したり、この多様性に制限を加えようとしていることを憂慮している。私が経験したかつてのこの英国での情景を、決して忘れはしない。

金玖美

Text_Ryo Komuta


『EXIT』
著者:金 玖美
デザイン:尾原史和
発行:株式会社ブートレグ
印刷・製本:株式会社八紘美術
初版発売日:3月29日(金)
価格:4000円+tax
仕様:ハードカバー/96ページ/W220mm×H286mm

「EXIT」
期間:3月29日(金)~4月14日(日)
会場:BOOTLEG GALLERY
住所:東京都新宿区改代町40 1F
時間:12:00〜20:00(会期中無休)
入場料:無料
www.bootleg.co.jp
3/30(土)オープニングとトークイベント予定
ゲスト:都築響一氏後日、古田泰子氏予定、調整中。

株式会社ブートレグ
電話:03-5738-8921
edit@bootleg.co.jp

金玖美(KOOMIKIM)
京都府出身。1997年にマガジンハウスへ入社し、ポパイやアンアンなどで専属フォトグラファーを務める。2004年、同社を退社後、渡英。「London College of Communication」にてProfessional Practical Photographyのコースを修了。ヨーロッパでも雑誌の仕事や作品撮りを続ける。帰国後の2008年、ROCKETにて個展「TRANSIENT」を開催し、同名の作品集を発表。COWBOOKS主催のリトルプレスフェアにて2007年「LITTLESCENERY」、2009年連作「無題」、2011年「海を行き交う」を発表。2014年「TOKYOPHOTO2014」に出展。現在、東京を拠点として、ファッションやポートレートを中心に、広告や雑誌、ムービーで活動中。
koomikim.com

TOP > NEWS