CLOSE
NEWS

アイルランドの逸材、レジー・スノーをモデルに起用。ダブリンで撮影されたシーピーカンパニーの最新コレクション。

1975年に創立されたイタリアのカジュアルブランド〈シーピーカンパニー(C.P. COMPANY)〉の2019年春夏コレクションのルックが公開されました。

モデルとして起用されたのは、2013年にはじめてのEPをリリースし、2018年にドロップしたデビューアルバム「Dear Annie」が評価を受け、ケンドリック・ラマーの前座も務めるほどになったアイルランドのラッパー、レジー・スノウ。彼の故郷ダブリンで撮影された写真は、彼のことを深く理解する長年の友人ジョシュア・ゴードンが担当しています。

1980年代に開発したブランドを象徴する暖かいグレー、カーキ、ミリタリーグリーン、ネイビーブルーのカラーパレットを現代的に再解釈した服が並んだ〈シーピーカンパニー〉の最新コレクション。ルックでは、ヨーロッパの都市のサブカルチャーにおけるミリタリーとスポーツウェアの新しい役割が表現されたのだとか。

ダブリンをルックの舞台に決めた〈シーピーカンパニー〉のルックには、クールな仕上がりながら故郷だからこそ表出する二つの若き才能の “人間み” のようなものを感じる気がします。全編はこちらのページでチェックしてみてください。

Text_Rei Kawahara


C.P. COMPANY
cpcompany.co.jp

TOP > NEWS