CLOSE
NEWS

40周年記念アイテムの今季ラストを飾るのは、ブランドを象徴するこのジーンズ!

1979年に日本で初めてヴィンテージジーンズを復刻させた、知る人ぞ知るブランド〈ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D’ARTISAN)〉。ブランド40周年記念としてつくられた限定アイテムが数々発売されましたが、4月下旬にリリースされるアイテムが今季ラストを飾ります。

〈ステュディオ・ダ・ルチザン〉のフラッグシップモデルである「DO-1」。このジーンズはブランドの記念すべきファーストモデルであり、これこそが世界初のヴィンテージ仕様のセルビッチ・ジーンズとして世に知られています。発売されるのは、蓼正藍によるカセ染めで染め上げ「DO-1」の当時の生地を再現した14.5ozのジェントジーンズです。

¥32,000+TAX
(38、40インチは¥34,000+TAX)

岡山県の井原市で染色、織りが行われるジェントジーンズは、アメリカンヴィンテージジーンズとヨーロッパヴィンテージトラウザーズを掛け合わされた代物。5ポケットのジーンズでありながら、シルエットをトラウザーズに作り替え、後ろの股ぐりや、ヒップにゆとりを持たせたテーパードシルエットが特徴となっています。

トラウザーズのパターンにつくり替えられた理由は、ジーンズを履くときのストレスを軽減するため。ジーンズは元々アメリカの西部開拓者の作業着としてのルーツがあるため、パターンのラインが直線的で、ジャストで履くとお尻が食い込みがちになってしまいます。そんなジレンマを取り払ったブランド渾身のジーンズなのです。

ジーンズやクラシカルなウェアの歴史に敬意を払いつつ、最初から最後まで駆け抜けた渾身の記念アイテム。一番の目玉ジェントジーンズはぜひ店頭でチェックしてみてください。


STUDIO D’ARTISAN
www.dartisan.co.jp

TOP > NEWS