CLOSE
NEWS

連載「憧れの逸品」No.95 ディオールとイラストの大家の邂逅。

ムッシュ ディオールはかつてギャラリストとしてサルバドール・ダリやピカソと仕事をしてきたという。

アートこそ〈ディオール(DIOR)〉のDNAを構成する大切な要素であると考えたメンズ アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズはサマー 2019 メンズ コレクションで現代アメリカを代表するアーティスト、カウズの巨大なオブジェを会場に飾り、度肝を抜いた。

初の東京開催となったプレフォール 2019 メンズ コレクションでカウズの役割を担ったのが空山基。“セクシーロボット” シリーズで一斉を風靡したイラストレーターの大家だ。会場には空山の作品がモチーフになった高さ12メートル、重さ9,000キログラムのオブジェがそびえ立った。

ここで紹介するのは、空山によるセクシーロボットやロゴデザイン、そして桜吹雪が舞うコレクション。“ディオールのヘリテージであり、ウルトラモダニティへのセレブレーション” と位置付けるそのコレクションは、ただひたすらフューチャリスティックで、エロティックだった。



SORAYAMA SHIRT ¥135,000+TAX



SORAYAMA SWEAT ¥130,000+TAX


SORAYAMA T-SHIRT ¥82,000+TAX




B23 T-REX SNEAKERS ¥120,000+TAX


T-REX POUCH ¥50,000+TAX

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Kei Takegawa
Edit_Ryo Muramatsu


クリスチャン ディオール
電話:0120-02-1947
www.dior.com

TOP > NEWS