CLOSE
NEWS

STRAVAがUTMF 2019の映像を公開。約160キロという途方もない距離に挑む猛者たちの勇姿をご覧ください。

平成から令和へ変わる直前となる4月末に行われた、日本最高峰のトレイルランニングレース「ウルトラトレイル・マウントフジ2019(UTMF)」。富士山の麓を巡る壮大な100マイルレースは、季節外れの悪天候・降雪により、コース短縮というまさかの結末となりました。

そんなUTMFのオフィシャルサプライヤーを務めるソーシャル・ネットワークサイト「STRAVA」が、過酷なレースの裏側を追いかけた映像が公開されています。

「STRAVA」のオフィシャルフォトグラファーを担当したのは、世界のトレイルレースの撮影を手がけるロイド・ベイチャー氏。雨、濃霧、低音に降雪など、悪天候続きのレースの模様を写真と動画で撮影。トップ選手からボリュームゾーン、サポーターやボランティアの方々など、UTMFのリアルな様子を確認することができます。

なお、今回撮影された作品は「STRAVA」の公式クラブインスタグラムでも拝見することができるとのこと。100マイルという途方もない距離に挑む猛者たちの勇姿を、ポチっとクリックしてご覧になってみてください。

Text_Hiroshi Yamamoto


STRAVA
www.strava.com
www.strava.com/clubs/488573
www.instagram.com/strava/

TOP > NEWS