CLOSE

NEWS

みどり荘が注目する若手アーティストの個展を開催。なにを感じるか、どう評価するかはあなた次第です。

働き方改革が叫ばれ、仕事にまつわるあらゆることが注目を集めていますが、「WeWork」をはじめとするシェアオフィスもホットトピックのひとつです。

なかでも「みどり荘」は、ほかに先駆けて設立され、単なるシェアオフィスというよりも、おもしろいひとたちやクリエイティブなひとたちが集まる場所として、オリジナリティを確立しています。

それを証明するかのように、なんとギャラリーが併設されています。「みどり荘」がこれぞという注目のアーティストを定期的に紹介してますが、今回は、このアーティストたちがそのお眼鏡にかなった模様。

5月31日(金)から6月9日(日)まで、田岡美紗子さんとジェシー・ホーガンさんによる展示が、中目黒の「みどり荘」で開催されます。

写真家の田岡さんの作品は、田岡さんのインスタ(@taoka_misako)で見ることができます。日常の延長線にあるかのような作品は、ユニークな匂いに満ちあふれています。

かたや、現象学とポスト構造学、心霊現象の周縁(意識のきわ)に焦点を当て、その対象を絵画やビデオ、彫刻へ現出させるのがジェシー・ホーガン(@joganhesse)さんです。

どんな作品が展示されているのかは伺いしれませんが、下記はイベントの告知にある、謎めいたテキストです。


1. それら地点からしたらこちら側が置かれているのかもしれない。
2. 複数のものが置かれた状況とそれらの地点同士の距離のことを考える行為。
3. と, それらを線で繋いだ時、混じり合う線と線でできた空間のことや点たちを観察する行為。
4. =置かれている状況。

1. From a point, this side may be in place.
2. The action of thinking about the situation where several things are placed and the distance of the person in relation to the point.
3. When we connect them with a line, the space made of lines and intersections mixes together or we establish and engage in ‘The act of observing points’.
4. = The situation being placed.

評価の定まったアーティストではなく、まさに現代を生きるアーティストばかりが登場するのが、「みどり荘」のギャラリーの魅力。どう評価するのかは、あなたの審美眼にかかっているといえるでしょう。ぜひ足を運んでみてください。

Text_Shinri Kobayashi


unknowns _ 田岡 美紗子とジェシー・ホーガンによる展示
開催:5月31日(金)〜6月9日(日) 12時〜18時
場所:みどり荘
住所:東京都目黒区青葉台3-3-11 2F、3F
※オープニングパーティーが、5月31日(金) 18時〜20時で開催されます。

クロージングパフォーマンス
開催:6月9日(日)
パフォーマー:Albert Wolski(@sound_exek)とRobyn Daly(@robyndaly_

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS