CLOSE
NEWS

2019年はCBDオイル元年? 世界が注目するコンテンツに触れる機会が、TRUNK(HOTEL)にやってくる。

2019年のアカデミー賞の受賞者に贈られたギフトパックの中身は、CBDのオイル、乳液、バスボム、さらにチョコレートやグミなどの食品だったとか。

さて、“CBD” とは一体なんなのか?

ずばりCBDとはカンナビス(ヘンプ)から抽出される成分の1つ。合法化されているとはいえカンナビスと聞くと少し身構えてしまうのが日本の現状ですが、世界でみると2020年までにアメリカのCBD産業は2兆円規模(日本のアニメ産業くらい)になるとされるほどのマーケット。コカコーラ社やコロナビール社などの大企業までもが、CBD産業への参入を試みているほど最も注目されているトレンドなのです。

カンナビスにおいて、ハイになる成分が含まれるTHCに対するCBDの効果はリラックス成分。自律神経を整えたり、眠りの質を改善したり、痛みを緩和したりすることから火がつき、ほかにも心を穏やかにして、アイデアやクリエイティビティ創出の手助けをしたりすることから、マインドフルネス・サプリメントとしても支持されています。

前置きが長くなりましたが、25日、26日はコペンハーゲン発、CBDのパイオニアとも言われている〈エンドカ(ENDOCA)〉のポップアップストアが「TRUNK(HOTEL)」にて開催されます。

飲むオイルやカプセルが知名度として高いですが、前述の通りボディークリームや食品など種類はさまざま。当日会場ではオイルやカプセル、クリームの体験のほかに、ロビーのTRUNK(BAR)とコラボレーションしたCBDカクテル、ドリンクなども用意されているとか。ここ日本でも2019年は “CBDオイル元年” とささやかれているいま、最先端を体験するにはうってつけの機会でしょう。

Text_Rei Kawahara


ENDOCA@TRUNK(HOTEL)
日程:6月25(火)〜26(水)
場所:TRUNK(HOTEL)LOUNGE
住所:東京都渋谷区神宮前5-31
時間:11:00〜20:00
love.21sgp.com

TOP > NEWS