CLOSE
NEWS

16年ぶりのFumiyart! 画家、藤井フミヤが復活です。

ミュージシャンとして圧倒的な知名度を誇る藤井フミヤですが、彼には画家としての顔もあるのをご存知ですか?

1993年に初個展『Fumiyart-Take a break』を開催し、CGアーティストとして衝撃的なデビューを果たし、2003年には「FUMIYART」展を開催して大きなインパクトを残すも、このタイミングで画家としての活動を休止しました。

そしてこの夏、16年間の沈黙を破り藤井フミヤは画家としての個展「Fumiyart 2019」を開催します。

本展では1993年に全国9か所を巡回した初のコンピューターグラフィックス展「Fumiyart-Take a break」で発表したCGアート、2003年に発表した線画、カッターを駆使した「ハリエ」や「キリエ」等を出品、Fumiyartの原点に遡り、これまでの画業を振り返ります。

さらに、注目は絵筆やペンを駆使した初公開のアナログ作品です。硬質なボールペンを用いた線を無数に集積させるオリジナルの技法で制作されたペン画は、19世紀末ウィーン分離派の画家クリムトの絵画に触発されているとのこと。

デジタルアートの先駆者である藤井フミヤが、職人的とも言える細密表現や肉筆表現で創るアナログアートの世界へと踏み込んだ、エポックメイキングな展示となっています。

INFORMATION

Fumiyart 2019

会期:8月21日(水)~ 9月1日(日)会期中無休
場所:代官山ヒルサイドフォーラム
住所:東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟
電話:03-5489-3686(株式会社アートオブセッション)
時間:11:00~19:00(入館は18:30まで)
入場料:一般・大学生700円、高校生以下無料
fumiyart.com

TOP > NEWS