CLOSE
NEWS

フレッシュサービスがループウィラーとザンターと手を取り合って生み出した、新しいダウンジャケットとは?

¥64,000+TAX

“架空の運送会社”をイメージして、ステーショナリーや日用品などを展開する〈フレッシュサービス(FreshService)〉。つい先日、東京神宮前にあるショップ「フレッシュサービス ヘッドクォーターズ(FreshService headquarters)」を拡張リニューアルさせたばかりです。

照明一つとっても抜かりなし。様々なものを見てきた南さんならではの審美眼が存分に発揮されています。

〈フレッシュサービス〉のクリエイティブディレクター・南貴之さんが考えたコンセプトは「用の美」ということで、ひとつの住宅空間のようになった店内は、美しくも様々な顔をみせる多面的な魅力に満ちた空間となりました。

家のようなショップのような。妙に落ち着く空間なのです。

そして早くもこのショップの目玉ともいえる逸品が発売になります。

日本最古のダウンウェアブランドである〈ザンター(ZANTER)〉と、吊り編みといえばの〈ループウィラー(LOOPWHEELER)〉、そして〈フレッシュサービス〉が手を組んだ、珠玉のダウンジャケットです。

〈ループウィラー〉と〈フレッシュサービス〉のネームが雄々しく鎮座します。

そして内側には〈ザンター〉のネームも。

ご覧の通り、かなりの薄手。これでいてなお、高い保温性を誇るわけです。

この3組での取り合わせといえば、以前フイナムで取材させてもらった、ダウンベストがあります。

ループウィラーとフレッシュサービスが紡ぐ至極のダウンベストとは。

今回はその第二弾といえるプロダクトです。表地には〈ループウィラー〉謹製の柔らかな吊り裏毛生地を使用、中綿には〈ザンター〉の保温性・ 弾力性に富んだ良質なダックダウンを用いるという、理想的な布陣でのコラボレーション。

最もシックなカラーリングといえそうなネイビー。この色、人気出そうです。

スウェットの上に羽織ったときのイメージ。だいぶ軽やか。

そして、一際目を引くデザインは、〈ループウィラー〉のスウェットの上に羽織ったときの納まりの良さを第一に考えて設計された仕様だとか。

リブや衿を省いたミニマルなルックスは、ダウンジャケットという言葉から想起される重衣料のイメージとは遠く、軽やかで都会的な仕上がりとなりました。

ポップな印象のグレー。女性が着ても良さそう。

カラバリは、ネイビー、グレーに加え 〈フレッシュサービス〉の限定カラーのオリーブという全3色展開。

着心地の良さ、保温力の高さ、そしてコンパクトなデザインが三位一体となった一着です。

お取扱いは「フレッシュサービス ヘッドクォーターズ」のほか、〈フレッシュサービス〉の取り扱い店舗、そして〈ループウィラー〉の千駄ヶ谷、大阪、福岡のショップとなります。発売は8月10日(土)より。

INFORMATION

FreshService headquarters

住所:東京都渋谷区神宮前2-13-14 ベルナール⻘山1F
時間:12:00〜19:00
※12日(月・祝)より、「フレッシュサービス」のオンラインでも発売されます。
freshservice.jp

TOP > NEWS