CLOSE
NEWS

富士山の麓を約160キロ走る。日本屈指のトレイランニングレース「UTMF」の2020年の概要が発表されました。

富士山の麓を巡る日本最高峰の100マイルのトレイルランニングレース「UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)」。2019年は季節外れの降雪、凍結、低温により、レースの中止・短縮というまさかの結末を迎えた同レースの、2020年の概要が発表されました。

開催日程は4月24日(金)〜26日(日)の3日間となり、距離は約161キロで累積標高差は約7,580メートルとなり、制限時間は46時間。今回よりレース序盤の混雑緩和を目的とした2回のウェーブスタートを導入し、ゴールも河口湖総合公園へ変更しています。コースの詳細は出ていませんが、ゴール目前の河口湖沿いを通るドラマチックな光景の有無も気になるところです。

また、ITRAの取得数が最大3レースで12ポイントから10ポイントへ変更されたのも見逃せないポイント。これまで以上に参加しやすくなったぶん、抽選倍率の高騰も予想されます。

ちなみにエントリーは10月16日(水)の12時から。ご自身の走力を確かめるために、挑戦してみてはいかがでしょう。

INFORMATION

ウルトラトレイル・マウントフジ

www.ultratrailmtfuji.com

TOP > NEWS