CLOSE
NEWS

オリジナルのニューエラを作ろう!「MAX CHALLENGE」クリエイティブコンテスト開催中。

誰もがクリエイターになれるコンテスト「Adobe MAX Challenge」が今年も開催されます。

当コンテストはPhotoshop、Illustratorなどのクリエイター必携のソフトウェアを数多く提供するアドビシステムズ株式会社主催の「Adobe MAX Japan」内で行われるコンペティションイベント。

「Adobe MAX Japan」とは、グラフィックデザイン、写真、Web制作、映像制作に携わるクリエイターの方、およびそれらを目指す方を対象に、第一線で活躍するクリエイターのアイデアやテクニック、Creative Cloudの最新ワークフローなど、クリエイターによるクリエイターのため日本最大級のクリエイティブカンファレンスで、2019年12月3日(火)パシフィコ横浜で開催されます。

「Adobe MAX Challenge」ではAdobe MAXのロゴをモチーフにしたオリジナル作品をSNSを通じて投稿し、各部門のグランプリは「Adobe MAX Japan」イベント当日に会場で展示される他&優秀作品には豪華賞品もプレゼントされます。

毎年恒例の「グラフィック部門」と「モーション部門」に加え、今年は〈ニューエラ(New Era)〉とコラボした「ニューエラ部門」が登場。「ニューエラ部門」のグランプリに選ばれたデザインは、実際にニューエラのキャップになって受賞者に贈呈されます。

それぞれの部門の審査員は以下の通り。なお、フイナム編集長の小牟田亮が「ニューエラ部門」の審査を担当します。

グラフィック部門

田中良治 ウェブデザイナー/セミトランスペアレント・デザイン代表
同志社大学工学部/岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒業。企業ブランディング、広告の企画・制作から国内外の美術館・ギャラリーでの作品展示までウェブメディアを核としながら様々なメディアで活動。近年ではG8での「光るグラフィック」展の企画、gggでの「セミトランスペアレント・デザイン 退屈」展などがある。

モーション部門

荒牧康治 SIGNIF .Inc代表取締役
1988年東京生まれ。映像表現のクリエイティブエージェンシー シグニフ代表。アニメのオープニング映像・コンサート映像・イベント映像など、多岐にわたる映像コンテンツの制作を行う。代表作に、Perfume at SXSW「STORY」、映画「プロメア」アヴァンがある。

ニューエラ部門

小牟田 亮 HOUYHNHNM編集長
1977年生まれ。埼玉県出身。出版社を経て、2006年に『HOUYHNHNM』編集へ。現在はWEBマガジン「フイナム」編集長、雑誌「フイナム アンプラグド」副編集長としてコンテンツ制作の指揮をとる。

デザイン用のテンプレートも公開されていますので、普段Adobe製品を使っていない方にもこのチャンスに〈ニューエラ〉のデザインにトライしてみてはいかがでしょうか?

最後に〈ニューエラ〉からのメッセージです。

ニューエラは1920年創設、来年には100周年を迎える米国のヘッドウェア&アパレルブランドです。MLB唯一の公式選手用キャップサプライヤーであると共に、数多くのブランド、アーティストとのコラボレーションを通じてファッション/カルチャーの領域でも高い支持を頂いております。これまでのキャップ作り、コラボでも多くの新しいアイデアや創造性に富んだプロジェクトを実現してまいりましたが、今回のアドビ様とのお取組みでは、ニューエラのキャップをキャンバスに、既成概念に囚われないより自由な発想が数多く表現されることを期待しております。

Text_HOUYHNHNM

INFORMATION

Adobe MAX Challenge

応募期間:2019年10月8日(火)正午から2019年11月7日(木)23時59分まで
応募部門:「グラフィック部門」「モーション部門」「ニューエラ部門」の3部門。それぞれのカテゴリーでファイナリストとグランプリ賞を選出。お一人様何点でも応募可能。

各部門の応募方法詳細はこちらをご覧ください。

Adobe MAX Japan 2019
日程:2019年12月3日(火)
会場:パシフィコ横浜
maxjapan.adobe.com

TOP > NEWS