CLOSE
NEWS

ボタニカルはブームからカルチャーへ。植物好きによる植物好きのためのイベントNEVERLAND TOKYOが開催されました。

『フイナム 』でも目をかっぴらいて注目しているボタニカル。もはや流行の域を越えて、カルチャーとして確実に根付きつつあります。それを肌で実感させてくれたのが、去る11月2日(土)にライフスタイルショップ「トレイル(TRAIL)」で開催されたポップアップイベント「ネバーランドトーキョー(NEVERLAND TOKYO)」でした。


イベント当日に駆けつけると、店内は人だかりが。

このイベントで「トレイル」とタッグを組んだのは、豪徳寺に居を構えるボタニカルショップ「スレイブオブプランツ(SLAVE OF PLANTS)」。同店が得意とする塊根植物や多肉植物を中心に、メジャーな品種からレアものまで一堂に会しました。もちろん初心者に優しいプライスの鉢物も多数ラインナップ。

マニアも多い植物の世界では、ビギナーがとっつきにくいイベントも少なくない。ですが、「ネバーランドトーキョー」では、植物フリークだけでなく、初めて植物に触れる方も気軽に立ち寄れる雰囲気が印象的でした。

部屋の環境など、デリケートなカルチャーではありますが、まずは見た目から選ぶことが大切なんだそうです。その方が一層愛着も湧きますしね。


大小さまざまな鉢。苗ごとの鉢の選び方なども丁寧にレクチャーされていました。

それだけでなく、限定ノベルティや新入荷の作家鉢などお客さんを楽しませる仕掛けもたっぷりと用意。さらに人気品種のパキプスが当たるくじ引きなど、盛り沢山な内容で、とにかくお客さんに楽しんでほしいというマインドが伝わるイベントになっていました。



また、「トレイル」がかねてより親交のある「158&Co」も出店。美味しいコーヒーと軽食を取りながら、ゆっくりとお気に入りの植物を選ぶことができる、植物好きにとってそんな幸せな機会はそうそうありません。


そんなこんなで多くの方の笑顔に包まれながら幕を閉じた「ネバーランドトーキョー」。イベントを手がけた「トレイル」と「スレイブオブプランツ」は今後の東京のボタニカルブームを牽引していく存在であることは言うまでもありません。

イベントは終わってしまいましたが、ショップに足を運べば“お気に”の鉢に出会える可能性大です。

さらに両店とも定期的にイベントやポップアップを行なっているそうなので、今後の動向は見逃し厳禁です。

INFORMATION

TRAIL

住所:東京都渋谷区神宮前5-38-13
電話:03-6339-0856
時間:12:00〜20:00
trail-sr.com

TOP > NEWS