CLOSE
NEWS

世界を旅するKAWS の巨大アート「コンパニオン」が富士山の麓に!

KAWSの巨大アートプロジェクト《KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)》が日本に上陸。7月18日にキックオフイベントとなる「KAWS:HOLIDAY JAPAN Ceremonial Camp Day」が、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱらキャンプ場」で開催されました。

《KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)》と題した本プロジェクトは、香港を拠点とするクリエイティブスタジオ「AllRightsReserved」とNYのコンテンポラリーアーティストのKAWSがタッグを組み、KAWSの代表的なキャラクター「コンパニオン(COMPANION)」の巨大なアートワークが世界中を旅するというコンセプトで展開しており、ソウル、台北、香港に続いて日本が4都市目となります。

当日はKAWS本人も来日し、クリエイティブディレクターをつとめるSK LAM氏とともに登場。さらに、タレントのローラさんをゲストに招き、全長40メートルの巨大アート「コンパニオン」の前でトークセッションを行いました。

ローラさんは活動の拠点であるLAから駆け付け、「富士山とKAWSのコラボレーションは本当に最高な組み合わせ。自然いっぱいで落ち着くし、KAWSのキャッチーなキャラクターが大好き!」とリラックスした様子。あいにくの雨模様の中でのトークセッションとなりましたが、「雨はロマンティックで素敵だよね、雨はチャンスだもん!」と続けて話し、KAWSさんは「私はエネルギーに満ちた素敵な雰囲気の日本が昔から好きで、自然美の象徴である富士山で行いたいと強く思っていた」と熱い想いを語っていました。また、SK LAM氏がロケーションでのポイントについて聞かれると、「雲がパーッと抜けたような場所を選びたかったので、この富士山の麓を選びました。まさにぴったりです」と笑顔で話してくれました。

日本と関わりが深いKAWSはこれまでに何度も来日していますが、彼にとって富士山は何度見ても素晴らしい景色なのだそうです。「KAWS:HOLIDAYは普段の生活から自身を遮断し、空を見つめてリラックできたらという思いを込めて生まれたプロジェクトで、KAWS:HOLIDAY JAPANを通して、世界中の人たちに自然の中でやすらぎのひと時を与えられる機会になればと思っている」と続けて話してくれました。

富士の裾野に広がる自然とKAWSという類稀な才能が生み出したアートを思う存分に堪能できる、まさに貴重な機会でした。次はどこで開催されるのか、続報は追ってお知らせします!

Photo_Yusuke Oishi

INFORMATION

KAWS:HOLIDAY JAPAN

会期:2019年7月19日〜7月24日(水)
場所:ふもとっぱらキャンプ場
主催:AllRightsReserved Ltd.
協賛:Herschel Supply

TOP > NEWS