CLOSE
NEWS

稀代の名作チェアを手に入れるまたとないチャンス。ピエール・ジャンヌレのチェア展示会が本日よりスタート。

photo by Martien Mulder

名作チェアとは、人類が後世に残すべきレガシーの一つ。マスターピースの一つとして数えられるピエール・ジャンヌレのチェアを直に見られるまたとない展覧会がスタートします。

1951年から始まった「インド・チャンディーガル都市計画」の建築群のために、ピエール・ジャンヌレがデザインした一連の家具は、近年世界中で大きな注目を浴びています。当時、ピエール・ジャンヌレはチークやラタンといった地元にある素材を使いながら、インドの伝統的な手工芸の技術を採用することで、単一の製造業者ではなく、現地の多くの人々が製作できるようにデザインを行ったと言われています。

インドの工房「ファントム・ハンズ」は、ピエール・ジャンヌレが残したインド初のモダンデザインの正しい継承と、インドの伝統工芸を未来に繋ぐため、2015年よりチャンディーガルの家具を再生産するプロジェクトを始動させました。現存するオリジナルの図面に沿い、チークの古材を再利用し、全ての工程を職人の手仕事によって当時に限りなく近い方法で製作しています。

その椅子を展示し、販売・受注する展覧会が、11月29日(金)〜12月8日(日)で六本木の「IMA concept store」で行われます。

本展は、インテリアスタイリストの川合将人さんによる現代作家の工芸や写真、ヴィンテージ家具、民芸などを組み合わせた空間構成となっています。「デザイン」と「クラフトマンシップ」をテーマに、時代を超えた展示を通して、ファントム・ハンズの手仕事により蘇ったピエール・ジャンヌレの作品を紹介します。

会期中はファントム・ハンズの家具の販売・受注を行うほか、ニューヨークを拠点に活躍するフォトグラファー・Martien Mulderがファントム・ハンズの工房を撮り下ろした写真集や、スタイリングに使用されている現代作家の手工芸品、ヴィンテージ品なども購入できます。

また、会期初日となる本日11月29日(金)には、オープニングレセプション(18:00〜)とファントム・ハンズのDeepak Srinathを招いてのトークイベント(19:00〜)を開催。入場無料のレセプションからどなたでも参加できます。

いわゆる工業製品としての復刻ではなく、当時と変わらないインドの手工芸に基づいた再生産プロジェクト「プロジェクト・チャンディーガル 」。ぜひ偉大なるマスターピースをぜひ目と耳で感じ取ってください。

INFORMATION

NEAT TRUNK SHOW

会期:2019年11月29日(金)〜12月8日(日)
場所:IMA concept store
住所:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
時間:11:00〜19:00(土・日曜日は13:00〜18:00)
https://www.5wari1bu.jp/note/15

TOP > NEWS