CLOSE
NEWS

岡山の両雄が提案する、足袋型シューズを履きこなす3つの好例。

アイコニックな形状と優れた効能で、近年じわじわと注目を集めている足袋型シューズ。なかでもスポーツ及びファッションの両面で注目を集めているのが、トレーニング仕様の〈ヒトエ(hitoe)やリラックスシューズ〈たびりら〉など、さまざまな足袋型シューズを展開している岡山県倉敷市に拠点を構える老舗地下足袋メーカー〈丸五〉です。

そんな〈丸五〉が、同じく岡山県倉敷市にある築120年の木造工場を改装したアトリエで日本特有の季節感や美意識、文化を取り入れたアルチザンなモノづくりで注目を集めている〈コトル(COTTLE)〉とタッグを組んで、足袋型シューズを使ったスタイルサンプルを提案しています。

Tops:SLEEP NEP NEL SHIRT-浅葱藍(COTTLE)
Bottoms:YAMABAKAMA PILE PANTS – KAKISHIBU BLACK(COTTLE)
Shoes:hitoe zebra grey(MARUGO)
Model:Junshin Soga

ヴィンテージミシンで縫い上げ、着込んでいく内にパッカリングの表情が楽しめるノーカラーシャツには、〈ヒトエ〉の地下足袋型トレーニングシューズをチョイス。ブラックとグレーを組み合わせた絶妙な配色で、ボトムスを選ばずコーディネートにフィットしてくれます。

Tops:DSH-001-LI(COTTLE)
Bottoms:YAMABAKAMA PILE PANTS –AUTHENTIC INDIGO(COTTLE)
Shoes:たびりら「凪」(MARUGO)

しっかりとしながら風合いも豊かな綿90%麻10%の生地を使ったシャークカラーのデニムシャツには、タケヤリ製の帆布を使用した〈たびりら〉をプラス。本藍染めのワイドパンツも含めて青で統一した、ワントーンコーディネートに仕上げています。

Tops:ITTO UNSAI “TOWN JACKET”- AUTHENTIC INDIGO
Bottoms:“ITTO UNSAI” COTTLE PANTS – KAKISHIBU(COTTLE)
Shoes:スポーツジョグII (MARUGO)
Model:Junshin Soga

本藍染を施したモールスキンのカバーオールジャケットに、経年変化が楽しめる柿渋染のテーパードパンツに合わせたのは、スポーツシーンでも機能する「スポーツジョグ」というモデル。地下足袋ならではの効能を備えながら、デザートブーツ感覚で履けるので、初めての足袋型シューズにぴったりの1足と言えそうです。

〈丸五〉と〈コトル〉、両者の個性を際立たせながらも、とても日常的でリアリティのあるスタイリングは見事。ぜひ、足袋型シューズを履くときの参考にしてみてください。

INFORMATION

MARUGO TOKYO

住所:東京都中央区京橋1-17-1 昭美京橋第2ビル1階
アクセス:東京駅八重洲中央口より徒歩10分
営業:11:00~19:00(定休日:日・月・祝日)
電話:03-3566-6105
www.instagram.com/marugotokyo/
marugo-online.jp/shop/

COTTLE
住所:岡山県倉敷市児島田の口4-2-46
電話:086-441-3889
cottle.jp

TOP > NEWS