CLOSE
NEWS

アルベルロイの極小家具をどう使う? 重要文化財で行われる展示で正解を見つけましょう。

アートと建築をモチーフに、素朴なのに主張のあるインテリア小物を生み出す〈アルベルロイ(ALBELROY)〉。「極小の家具」をコンセプトとし、テーブルなどの小さなスペースを美しく演出してくれるステーショナリーを中心に提案。そのひとつひとつの洗練度は目を見張るものがあります。

そんな〈アルベルロイ〉が今回、建築とプロダクトの関係をテーマにした展覧会を開催します。

デザイナーは大西宣彰さん。建築的アプローチのコンセプトワーク、上質なディテールデザインを得意としている。

本展は明治生まれの建築家・保岡勝也(1877〜1942)が設計した重要文化財・旧山崎家別邸で行われ、ステーショナリートレイ、ブックエンドを含む20のアイテムを使い、新旧が融合する空間を演出。

写真はすべてデザイナーの大西さんによる撮り下ろし。建築空間で実際に体験した光や空気感を大切に「モノの見え方が空間でどう変化するか」に着目して撮影されている。

展示内容は事前にインスタグラムで公開されていて、建物の特徴やストーリー、保岡勝也のアーカイブとしても楽しむことができる内容に。訪れる前に見ることで、展示を一層楽しむことができるでしょう。

ものの選び方や配置が、いかに小さな空間を演出してくれるか。家づくりのヒントがたくさん隠されています。もちろん〈アルベルロイ〉のアイテムも購入可。本展は3月21日(土)からスタートです。

INFORMATION

アルベルロイの極小空間展 ー建築家・保岡勝也の住宅で場をつくるー

会期:3月21(土)〜31日(火)
場所:旧山崎家別邸(国指定重要文化財)
住所:埼玉県川越市松江町2-7-8
時間:9:30〜17:30 ※入場は閉館30分前まで
入場料(建物拝観料):一般100円、大学生・高校生50円、中学生以下無料
www.albelroy.com

TOP > NEWS

関連記事#ALBELROY

もっと見る