CLOSE
NEWS

【劇場鑑賞券プレゼント】サイクリングロードレースの過酷な現実と逆境をはねのける人々を描くドキュメンタリー映画『栄光のマイヨジョーヌ』。

華やかに見えるスポーツ業界も、その裏側にはフィクション以上のドラマが詰まっています。熱いスピリットと厳しいプロの世界…その悲喜こもごものドラマを丹念に描いてくれるドキュメンタリーは、観るものの心を揺り動かします。

今回ご紹介するのは、オーストラリア発のプロサイクリング・ロードレースチーム「グリーンエッジ」の発足から5年に渡り、彼らのレースツアーに密着したドキュメンタリー映画『栄光のマイヨジョーヌ』。本作の劇場鑑賞券を2組4名様にプレゼントします。

応募方法は、件名に「栄光のマイヨジョーヌ」と記入し、氏名、メールアドレス、住所を明記のうえ、2月21日(金)正午までに[presents@rhino-inc.jp]へメールをお送りください。当選者の発表は、当選通知をもってかえさせていただきます。

たくさんのご応募ありがとうございました。応募は締め切らせていただきました。

君が勝つために、僕は負けるんだ。

なぜ他人のために走るのか? 上記の言葉は、戦いはチーム単位でも、優勝は個人のものというサイクリング・ロードレース特有の「ALL FOR ONE」精神を持つチームプレイを端的に表した言葉です。この競技を成立させているのは、人と人との強い信頼や敬意であり、ただ体力や技術だけでなく、ある意味“人としての強さ”も試されるような奥深いスポーツなのです。

チームとは決してスポーツに限った話ではありません。この時代、会社組織というチームをどう作り上げるのかに多くの人が興味を持っているのは、本屋に行けばすぐにわかります。

本作はスポーツ・ノンフィクションでありながら、「個」でなく「チーム」で夢を手にする感覚を体験させてくれ、また、経営で言うところの現場の改革や空気作り、マインドやビジョンの共有、人材の適材適所、PR戦略などに置き換えられる「チームビルディング」のヒントも散りばめられています。つまり、現代を生きる企業戦士たちに1つの「組織のカタチ」を観せてくれるわけです。

珠玉のドキュメンタリーとして、チームビルディングの一教科書として、ぜひ劇場に足を運んでみてください。この作品の秀逸な予告編を観るだけで、期待感がとても高まりますので、ぜひチェックを!

INFORMATION

『栄光のマイヨジョーヌ』

2月28日(金)より 新宿ピカデリー/なんばパークスシネマ(大阪)ほか全国順次公開
(c) 2017 Madman Production Company Pty Ltd
公式サイト:http://www.greenedge-movie.com/
Facebook:@green.edge.movie/Twitter:@greenedge_movie/Instagram:@greenedge_movie
2017年/オーストラリア/英語、スペイン語/103分/原題:ALL FOR ONE
監督・撮影:ダン・ジョーンズ

TOP > NEWS