CLOSE
NEWS

オリエンタルなテイストと東京ストリートの混血。新鋭ブランドのシュードスがデビュー。

“興味深くとも無視できる” という相反する要素をミックスした言葉をコンセプトに掲げて〈シュードス(PSEUDOS)〉というブランドがデビューしました。

ファーストシーズンは、東京のストリートの要素に現代的な日本らしさを融合させたコレクションを展開。オリエンタルで力強いデザインと、脈々と受け継がれてる被服の構築とデザインへのリスペクトが同時に込められています。

ブランドの根幹になっているというワークウェアモチーフのジャケットとパンツは、日常着らしい要素を盛り込んだへモダンな面構えへアップデート。身体に巻きつくような大きなシルエットとサイジングが特徴で、生地には柔らかなドレープが生み出されるモールスキンが採用されています。

ジャケットの仏像刺繍は彩り鮮やかなステッチで表現されることで、斬新かつ現代的でオリエンタルな仕上がりに。同生地のパンツはウエストから裾まで袴のように太く設定され、ウエストを巻くことでラップパンツのように履きこなせる工夫も隠されています。

ほかにも作務衣型のニットカーディガン、クロスネックのTシャツやジャケットのタック使いなど、和服を思わさせる重なり合うディテールが随所に取り入れられたウェアがラインナップします。

デビューシーズンながらコラボレーションの多彩さも〈シュードス〉を語る上で大きなポイント。今回のビジュアルを手がけたフォトグラファーの堀 裕輝とアートディレクターの松原真由が共作したコラージュ作品がプリントされたTシャツや、スケートと釣りをこよなく愛するブランド〈カオス フィッシング クラブ(CHAOS FISHING CLUB)〉とのグラフィックがプリントされたTシャツが制作されました。

また、世界に誇るデザイナーズインセンスブランド〈クンバ〉が製作したオリジナルインセンスも登場。

鮮烈なデビューを飾った新鋭ブランド〈シュードス〉。動向から目が離せません。

INFORMATION

PSEUDOS

www.pseudos.jp
Instagram:@pseudospopulation

TOP > NEWS