CLOSE
NEWS

冗談なの? 本気なの? 冗談半分なんです。ということで、ジョーダン ハン ブーン、デビューです。

ネーミングセンスってあるひとにはあるし、ないひとにはずっとないような気がします。コピーライターとかそういう職種でなくとも、気の利いたフレーズを生み出すひとっていますよね。

この度誕生した新ブランド〈ジョーダン ハン ブーン(Jordan HAN Boon)〉を見たときにそんなことを思いました。

以下はブランドのステートメントです。

冗談半分な事もふたりでやれば本気になる。
冗談半分な服もふたりで着れば陽気になる。
落ち込んだ日にはテンションの上がる服を。
気分の良い日こそテンションを上げて福を。
誰といっしょに本気になろう。
誰といっしょに陽気になろう。
福をまねく服
ジョーダン ハン ブーン、誕生。

ということで、冗談半分からの〈ジョーダン ハン ブーン〉です。

どこか冗談のようなネーミングですが、作っているものはいたって本気。とくに、親子二人で着たら“冗談が本気になる”というセット売りがオススメとのことです。

大人はZOU(象)、子どもは KOZOU(小僧)

大人はIʼm on a diet、子どもはI want to be bigger

ダイバーシティのこの時代、犬も猫もみんなで半分こ

JORDANが半分に

というわけで、まずはロンT4型からスタートです。よくあるキッズブランドとはちょっと、いやだいぶ違うユーモラスなアプローチでスタートした〈ジョーダン ハン ブーン〉。以後お見知り置きを。

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS