CLOSE

NEWS

トークイベントあり音楽あり食あり。スクランブルミュージックショーで、ファッションと音楽の化学反応を。

トレンド発信地の渋谷が、よりファッション一色に染まる“渋谷ファッションウィーク”。そのコラボレーションとして開催され、第11回目を迎えたのが『スクランブルミュージックショー』です。今回はドレスコードにグリーンを掲げ、出演者だけでなく会場に遊びに来ていた多くの人たちも、それぞれのグリーンカラーコーディネートに身を包んでいました。ここではそんな会場の様子を一足先にレポートでお届けしたいと思います。

Photo_Cho Ongo
Text_Atsutaro Ito
Edit_Yusuke Suzuki

テーマは“音楽とファッションのイイカンケイ”。

会場は“スクスク”の愛称でも知られる「渋谷スクランブルスクエア」の12Fにあるイベントスペース。開場から1時間ほど、会場内に構えられたバーでアルコールやケータリングを楽しんでいると、17時過ぎにファッションモデルやラジオパーソナリティとして活躍する菅野結以がMCを務めるトークライブがスタート。

“音楽とファッションのイイカンケイ”というテーマのもと、数多くのミュージシャンやタレントのスタリングを手がけるスタイリストのリク オオシマ(RIKU OSHIMA)、と3人組YouTuberとして人気ののアワーズ(OUR’s)が、音楽愛とファッション愛について存分に語り合いました。トークは会場に来ていたお客さんのコーディネートについてゲストの2組がコメントしたり、お客さんとのセッションもあり、和気あいあいとした和やかなムードが印象的です。

トークイベントを楽しみにしていた多くのお客さんで会場は大賑わい。アワーズは多くのファンがスマホを向けていたりと、アイドル的な人気です。MCの菅野結以とスタイリストのリク オオシマはプライベートでも仲がいいこともあり、トークはフレンドリーでアットホームな雰囲気に。

オープニングから会場をジャックしダンスフロアを生み出す矢部ユウナ。

フロアの一体感をつくりだすフィフティーンマスのライブパフォーマンス。

そしていよいよ、オープニングアクトのアソビシステムに所属する矢部ユウナによるDJプレイが始まります。日米を織り交ぜた踊れるHIP HOPから4つ打ちに流れる展開で、会場は一気にダンスフロアへ。

その次に登場したのは、バンド活動を経てトラックメイカー兼MCに転身したフィフティーンマス(15MUS)。メロウなビートと心に沁みるリリックがフロアにチルな一体感を生み出し、たまたま通りがかった人すらも巻き込むピースなライブパフォーマンスを披露します。

日も暮れて夜景とともに会場はよりダンスフロアへ。

そんな中、昨年惜しまれつつもクローズした「渋谷SOUND MUSEUM VISION」にて定期開催されていた人気イベント『MODERN DISCO』で、ともにレジデントを務めるヨサ&ター(YOSA & TAAR)がブースに現れると、軽やかなベースラインとともに夜の部のパーティータイムが始まりました。


日が暮れて外に見える夜景とともに、ヨサ&ターのDJで会場のテンションはさらにアップ。


百戦錬磨のデデマウスは会場にスマホを向けて撮影をするなど、お客さんといっしょに盛り上がります。

リカックスらしさ全開のDJは、ファンはもちろんはじめての人でも自然と体が揺れるはず。

そこから世界でも名の知れた音楽家のデデマウス(DÉ DÉ MOUSE)、さらにDJはもちろん、ラジオMCやプロデューサーとしても幅広く活動するリカックス(Licaxxx)がフロアを完全にロックすると、本日の大トリを飾る大沢伸一の登場です。

気がつけば「渋谷スクランブルスクエア」の12Fに構える会場に多くの人たちが押し寄せ、まるでそこは深夜のナイトクラブのような空間に。ディープでポップな大沢伸一によるダンスミュージックに酔いしれ、“いい音楽にはいいファッションがよく似合う”という今回のスクランブルミュージックショーのテーマを100%楽しみながら、イベントは22時前に幕を閉じました。

トリを務める大沢伸一。シーンのパイオニアであり、その一挙手一投足、その一音一音に注目が集まっていました。

「渋谷スクランブルスクエア」で開催された『スクランブルミュージックショー』は、今後も引き続きレギュラーイベントで開催予定とのこと。気になる次回に関してはイベントの公式サイト、もしくはSNSでチェックしておきましょう。

INFORMATION

スクランブルミュージックショー

公式ウェブサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS