CLOSE
NEWS | TIE UP

リベレイダースが巡る、北アメリカ大陸の旅。23年秋冬コレクションの舞台は、太陽と情熱の国、メキシコです。

シーズン毎にテーマとなるロケーションを決め、その地の文化や景色をクリエイションに落とし込む〈リベレイダース(Liberaiders)〉。22AWのLA、23SSのジュシュアツリー(カリフォルニア)と、ここ最近はアメリカ西海岸にフォーカスを当てていましたが、23AWでは太陽と情熱の国、メキシコが舞台に。北アメリカ大陸を巡る旅は、ここが終着点です。

これまでさまざまな国に足を運び、自分の目で見てきたものをファッションとして昇華させてきた、ディレクターのMei Yong。実は今回が初のメキシコ訪問だったそうですが、この国をシーズンロケーションにした背景にはこんな想いがありました。

アメリカへは西海岸を中心に20代中頃から約30年弱通い続けていますが、自分は西海岸のストリートカルチャーに育てられたと言っても過言ではありません。その中で、デザイナーやスケーターなど、数多くのクリエイティブなメキシコ系アメリカ人に出会ってきました。そんな彼らと触れ合う中で、メキシコという国にずっと前から興味がありましたし、ストリートカルチャーを語る上でメキシコという国は外せない要素という想いをずっと前から持っていました。(Mei Yong)

タコスやブリトー、ワカモーレといった食に、街のあちこちで見られる陽気なマリアッチバンドやダンサーなど、独自の文化が根付いている、メキシコ。そんな国から刺激を受けて生まれた、〈リベレイダース〉の23AWの新作をご紹介します。

TEQUILA BOTTLE TEE 各¥8,800

LA TIERRA DEL SOL TEE 各¥6,600

FLAG TEE 各¥6,600

AWと言えども、暑さが残るこの季節。まだまだ出番の多いTシャツに、メキシコらしい意匠を落とし込んだ3型がラインナップします。

厚すぎず、薄すぎずな6.2ozのボディを使用し、色を退色させるフロストウォッシュ加工を施すことで、ヴィンテージライクな見た目と肌触りに。そして、それぞれ、テキーラのラベルデザインや、メキシコの国旗にも登場する鷲と蛇を使ったバンドTのようなデザイン、ヴィンテージポスターから着想を得たグラフィックを配し、スーベニア的な現地の空気が香る仕上がりになっています。

OG LOGO TEE 各¥6,600

ブランド設立からリリースされている定番のOGロゴTシャツも登場。毎シーズン、新たな配色を展開されていますが、今季はこの4色です。

LIBERAIDERS 2 PACK TEE ¥7,700

23SSから登場し、大きな反響を呼んだ2枚組のパックT。6.5oz のコーマ糸天竺を採用し、左裾にはさりげなくOG ロゴがプリントされています。ラベルはプリント仕様なので衿ぐりのストレスがないのも嬉しいポイントではないでしょうか。

EAGLE LOGO TRUCKER CAP 各¥6,600

CIRCLE LOGO TRUCKER CAP 各¥6,600

いなたさが逆にいまっぽいメッシュキャップは、デザイン違いで2種類スタンバイ。フロントのワッペンでデザインを効かせ、企業モノのようなルックスに。通気性もよく、残暑厳しい8,9月に重宝するはずです。

OG LOGO KEYCHAIN 各¥880

OGロゴのキーホルダーは、鍵やバッグのアクセントに。今季は新色としてグリーンが登場しました。こういった小物まで展開しているところも、〈リベレイダース〉らしいところ。

メキシコを舞台にした23AWコレクション。そのファーストドロップは、8月10日(木)からスタートです。

INFORMATION

リベレイダース

公式ウェブサイト
Instagram

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#Liberaiders

もっと見る