CLOSE
NEWS

フォーカスしたのは“ほくろ”。『agnosia』と題したCho Ongoの写真展は、音声メディアやZINEの発表もあります。

自身も〈ディアスポラ スケートボーズ(Diaspora Skateboards)〉に所属し、スケーターからミュージシャンに俳優、さらには友人の娘までを被写体に、そのままのありのま間の姿を捉える作風で知られる、写真家のCho Ongo

5月24日(金)から代官山の「レイド バグ(LAID BUG」で、『agnosia』と題した展示を開催します。

今回の展示において、フォーカスしたのは“ほくろ”。

2023年からおよそ1年をかけ、20人以上の被写体に対峙して撮影された小さな“点”。それらは所有者の存在をほのかに漂わせるものもあれば、所有者から切り離されて“ほくろ”としての認識すら危うい作品もあります。

さまざまに映し出された“ほくろ”は、どの段階まで対象を認識できるのか。写真表現を通し、認知と非認知の境界を探ろうとする作品たちからは、Cho Ongoの実験的な姿勢に触れることができるはずです。

印画紙やトレーシングペーパーなどさまざまなメディアに出力した作品以外に、Cho Ongoと被写体が対話した様子を収録した音声メディアや、写真と対話文で構成されたZINEも発表。これまで表現してきたCho Ongoの写真の世界とは違う、初となるコンセプトワークも見逃せません。

INFORMATION

Cho Ongo

インスタグラム
ホームページ

LAID BUG

インスタグラム
ホームページ

Cho Ongo写真展『agnosia』
期間 : 2024年5月24日(金)〜6月8日(土)
会場 : LAID BUG
住所 : 東京都渋谷区代官山町2-3 B1F
OPEN : 13:00 / CLOSE : 20:00 ※5月24日(金)17:00よりレセプションパーティ
定休日 : 日曜、月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS