CLOSE

NEWS

会場に並ぶのは代名詞的シリーズを含む11点の作品。Sablo Mikawaの集大成となるソロアートショーがビームス T 原宿で開催されます。

現代における感情や物事に焦点を当て、油彩を用いてドラマチックに表現するアーティスト・Sablo Mikawa(サブロミカワ)氏。抽象的な概念や思想を独自の感性で解釈し、現代人の感性に訴えかけるかのような象徴的なタッチで描き下ろされた作品は、各方面から注目を集めています。

そんなSablo Mikawa氏によるソロアートショー『Paintings』が、6月28日(金)から7月7日(日)までの10日間に渡り、「ビームスT 原宿(BEAMS T HARAJUKU)」で開催されることが決定。会期中は、代名詞とも言うことができるシリーズ作品を中心に展示されます。

さらには、出展される絵画をデザインに落とし込んだ〈ビームスT(BEAMS T)〉とのスペシャルなコラボレーションTシャツも発売されるとのことなので、こちらもお見逃しなく。

Giant T-shirt ¥8,250

Axe T-shirt ¥8,250

Dog T-shirt ¥8,250

彼を語るうえで欠かすことができないのが、人体の一部を膨張させたその表現技法。そこから生まれるスケール感やダイナミズムは、まさに唯一無二です。

この表現を踏襲して描かれた救済のシンボル“ファイヤーマン”や、人間のエゴや虚栄心が垣間見えるストーリーのある“ドーベルマン”など、アイコニックな11点の絵画で彩られる今回のアートショーは、いわば自身のキャリアを総括する集大成。

Sablo Mikawa氏の世界観に触れることができるまたとない機会となっているので、ぜひとも会場でご堪能ください。

PROFILE

Sablo Mikawa(サブロミカワ)

小学生の頃に油絵を学ぶ。近世近代の絵画から影響を受けており、現代における物事、感情、ストーリーを、膨張表現やオマージュを用い、油絵で描く。Sabloの描く人物の顔身体には、グロテスクなエフェクトがかけられており、現存する人間とは違うキャラクター性、内面性、シルエットが強調され描かれている。これらの効果はSabloが敬愛する西洋絵画、映画、音楽、漫画などから着想を得ていることに由来し、現代に生き目に映るものや感情を表現するためにサンプリングされ、作品に落とし込まれている。

INFORMATION

SABLO MIKAWA Solo Art Show『Paintings』

会期:6月28日(金)〜7月7日(日)
場所:BEAMS T HARAJUKU
住所:渋谷区神宮前3-25-15 1F

Reception Party
日時:6月28日(金) 19:00〜21:00
会場:BEAMS T HARAJUKU

beams.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS