HOUYHNHNM

FEATUREINTERVIEW WITH MARCUS WAINWRIGHT
ラグ & ボーンが考えるオーセンティシティという哲学。

カイハラのセルビッチデニムを使った、ラグ & ボーンのジーンズ。

マーカス・ウェインライトが強いこだわりを持って作る「ARCHIVE」コレクション。ヴィンテージのタキシードから着想を得たという生成りの裏地や、強固な3本針での縫製を用いたブランドを代表するジーンズだ。この中から「カイハラ」のセルビッチデニムを使ったアメリカ製の2本を紹介する。



FIT : SLIM
WASH : INDIGO SELVAGE
FABRIC : KAIHARA
PRICE : ¥30,000+TAX

〈ラグ & ボーン〉では、数字が大きくなるほどワイドになる “FIT 1” から “FIT 3” までの異なるシルエットのジーンズを展開。“FIT 2” の写真のタイプは、わたりに若干の余裕を持たせつつ、膝下から適度なテーパードが掛かったすっきりとしたシルエットが特徴。ボタンフライやリベットには、ブランド名が刻まれたオリジナルのものを使っているところもポイントだ。バックポケットは隠しリベットの仕様。

FIT : SLIM STRAIGHT
WASH : INDIGO SELVAGE
FABRIC : KAIHARA
PRICE : ¥30,000+TAX

アーカイブコレクションの中でもワイドに作られた “FIT 3” の「SLIM STRAIGHT」。裾に掛けて適度にテーパードが掛かり、脚のラインが強調されない美しいシルエットが印象的な1本。アメリカンな雰囲気を感じさせる、赤のステッチが入った「カイハラ」のセルビッチデニムを採用し、穿きこむごとに独特の色落ちを楽しむことができる。ジーンズの後ろについた黒のレザーパッチがモダンな雰囲気を放つ。


  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

Page Top