CLOSE
FEATURE
あの娘が水着に着替えたら。SLOWTIDEでテントサウナ♡

あの娘が水着に着替えたら。SLOWTIDEでテントサウナ♡

色使いからグラフィックパターン、そしてやわらかな風合いに至るまで、アメリカ西海岸のビーチカルチャー気分たっぷりな、カリフォルニア発のタオルブランド〈スロータイド(SLOWTIDE)〉。今回は、海ではなく森のせせらぎへ。いま静かな盛り上がりを見せているテントサウナを、気になるあの娘と楽しみます。ギリギリまで暑さに耐えたら冷たい川へドボン。〈スロータイド〉の上でまったりすれば、“ととのい”の境地へと至ります。

  • Model_Saki Goto
  • Photo_Yuya Wada
  • Text_Jun Kumayama
  • Edit_Shinri Kobayashi

テントサウナを建てて、
タオルを広げて…。

〈SLOWTIDE〉 「OWSLEY」 ¥5,800+TAX

車のラゲッジに積み込んだのは、敬虔なサウナファンからの注目を集めているロシア〈モビバ(Mobiba)〉の「モバイルサウナMB10A」。この夏日本で発売されたばかりのMB10Aは、テント本体7.6kg、ストーブ16.8kgと比較的コンパクトながら、大人4人が本格的なロウリュが楽しめる屋外専用の携帯テントサウナなのです。初めて使うだけにあの娘の前で上手に組み立てられるかな?という一抹の不安を抱えつつ、一路西丹沢を目指します。

〈SLOWTIDE〉 「SYDNEY」 ¥5,800+TAX

都心から2時間もあればたどり着くアクセスの良さにもかかわらず、山深く清らかなせせらぎが流れる西丹沢。登山や渓流釣り、キャンプ、BBQなどさまざまなアウトドアアクティビティをはじめ、温泉まで楽しめる人気のエリア。テントサウナをすぐそばに立てた川で遊ぶ親子に、BBQを楽しむ若者たち。まだまだ夏の気配に満ちていたのです。

なにはともあれ、テントサウナの設営が最優先。テントの設営には2m四方大の平らな地面が必要だし、サウナから出たらすぐ川に飛び込みたいし、外気浴には木陰が嬉しいし……といくつかの条件を思い描きながらベストポジションを考えます。一度決めちゃったら移動するのが大変なので。

〈モビバ〉 「モバイルサウナ MB10A」 ¥135,000(税別)
※サウナストーン、サウナチェアは別売です。

テント自体の組み立ては多少キャンプの経験があれば簡単。本体にフレームを通して起ち上げ、ファスナーでテント本体とフレームを固定して、あとはペグダウンするだけ。そうそう、煙突から出た火の粉でテントに穴を開けないようオプションのスパークプロテクターを天井に固定するのもお忘れなく。MB10Aが便利なのはフレーム入りのドアが付いているところ。サウナの出入りの際、いちいちファスナーで開け閉めしなくて済むので楽ちんなのです。

ストーブは収納されている脚を取り付け、煙突を連結させてテントから出すだけ。天板にサウナストーンを並べて、薪をくべれば準備万端。どんなに初心者でも1時間もあれば設営できるし、慣れれば20分で完了です。

INFORMATION

SLOWTIDE問い合わせ

株式会社キャンバス
電話:03-5639-9669
www.canvascoltd.jp

テントサウナ問い合わせ

ファイヤーサイド株式会社
電話:0120-46-7877
www.firesidestove.com