CLOSE
FEATURE | TIE UP
シャツと映画の相関関係。完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をスター・ウォーズフリークはどう観たか?
TALK AND WEAR THE STORY

シャツと映画の相関関係。完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をスター・ウォーズフリークはどう観たか?

昨年末に、公開がスタートし、ロングラン公開中の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。驚きと興奮を届けたスカイウォーカー家の物語の完結編。長年『スター・ウォーズ』を追いかけ続けてきたスター・ウォーズフリークの方々はどのようにシリーズ完結編を観たのか。メディアクリエイターのハイロックさん、映画ソムリエの東 紗友美さん、映画アドバイザーのミヤザキタケルさんに、ズバリ、語っていただきました。さらに映画公開を記念して、昨年ローンチされた「STAR WARS CUSTOM COLLECTION by ORIGINAL STITCH」も体験。スター・ウォーズのキャラクターたちが柄になった生地を使って作るオンラインオーダーシャツ。そのできあがりには、壮大なサーガを象徴するような、それぞれのスター・ウォーズ愛の形が溢れ出ていました!

  • Photo_Kazumasa Takeuchi
  • Text_Kana Umehara
  • Edit_Shinri Kobayashi

スター・ウォーズをどう見るかがシャツに出ている。

ハイロック:スター・ウォーズ話は尽きないけれど、そろそろシャツの話もしようか(笑)。僕は、アメカジとかアイビールックが好きなのでデザインはボタンダウンをセレクト。半袖シャツも完全に好みです。で、普段使いできそうな柄がよくて、モノクロっぽい柄を選びました。デススターやTIEファイターが設計図っぽく描かれている雰囲気がいいなって思って。

東:私は、ドレスシャツで、襟と袖口、ポケットの生地は銀河系をイメージして配置しました。私は、シスとジェダイに永遠に宇宙で戦っていてほしい。その願いを込めて、見頃は彼らがライトセーバーを持っているプリントを選びました。ポイントは、真紅のボタン。私はシスが好きなので(笑)。初の女シスを自らまといたいと思いました。赤いボタンは、靴やバッグなど同色の小物とも合わせやすいかなとも思いましたね。

ミヤザキ:僕のシャツは、チューバッカ柄なんですけれど、一目惚れでこれにしようって。これもぱっと見わかりにくいですよね?

東:そうですね。お洒落なヴィンテージシャツかなって感じ?

ハイロック:でも、チューイだって気づいたらそこにしか目がいかない(笑)。

ミヤザキ:そうでしょ? それが気に入って。一見、スター・ウォーズだってわからない、でもわかる人にはわかるというのが通好みっぽくていいなって思いました。あと、こだわりはスタンドカラー。チューバッカは服を着てないじゃないですか、その自由な感じを、襟なしで表現したかった。

シャツには通しで、シリアルナンバーが入る。ミヤザキさんのシャツは、一番最初にできた、No.00000!

ハイロック:みんな、こだわりがそれぞれだね。選び方もスター・ウォーズの見方と通じるところがあるような。

ミヤザキ:ですよね。好きなところがめっちゃ出る!

東:さらっと楽しめるけれど、ハマるとこだわって時間を忘れて没頭してしまうところも映画と同じ。1つ作ると、違うパターンも作りたくなります。

ハイロック:そうだね。次は、よく見ればわかるような小さな柄ではなく、一目でスター・ウォーズとわかるような、キャラクターが大柄にプリントされたものでシャツを作ってみたいな!

INFORMATION

STAR WARS CUSTOM COLLECTION
by ORIGINAL STITCH

starwars.originalstitch.com
Instagram: @original.stitch_custom
問い合わせ: support@originalstitch.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事#STAR WARS CUSTOM COLLECTION by ORIGINAL STITCH

もっと見る