CLOSE
FEATURE | TIE UP
梅雨を迎え撃つ、デサントのユーティリティフットウェアと3人のスタイル。
DESCENTE Footwear

梅雨を迎え撃つ、デサントのユーティリティフットウェアと3人のスタイル。

ちょっと気が重い、これからの梅雨のシーズン。防水仕様のフットウェアは、もはや必需品といえるでしょう。でも、〈デサント〉の「MODULARIZE」と「VERTHER」シリーズの魅力は、それだけにとどまりません。〈デサント〉がスポーツシーンで培ったテクノロジーを注ぎ込み、アパレルで磨き上げたデザイン性を融合。今回は、ゲスト3名の視点でその実用性を紐解きつつ、三者三様のスタイルサンプルを通して、ファッション視点で見るポテンシャルを探っていきます。

進化し続ける、デサントのフットウェア。

MODULARIZE V1 24.1 各¥24,200
※完全防水ではありません。3cm静水試験で2時間防水を検証済み。

〈デサント オルテライン〉からリリースされたこのシューズは、アウトドアと都市生活の両方に対応するユーティリティアウトドアシューズとして開発されたモデル。

「ヴィブラム社」と共同開発したソールは、アウトソールのグリップ性はもちろん、ミッドソールに自由なデザインをもたらし、幾何学形状からインスパイアを受けた凹凸のあるフォルムがアクセントに。革靴からインスピレーションを受けたラストは、トゥスプリングを低く設定することで、スマートな見た目と快適な履き心地を実現しています。

シューレースにもさまざまなこだわりが。クイックシューレスの留め先を2箇所に設けることで、甲高・甲低のどちらの足型にも対応。さらにつま先部分と履き口部分でシューレースの素材を使い分け、フィット感と着脱性を高めています。

防水透湿で、梅雨時期の即戦力として履ける「MODULARIZE V1 24.1」。ブラックとネイビーの2色展開です。

Wayser」の後継シリーズとして展開される「VERTHER RA」は、ビブラム社との研究を重ねて誕生したグリップ力抜群のオリジナルソールが特徴的。アッパーは独自開発したマイクロファイバーベースの合成皮革を採用し、足当たりも柔らかく、レザーのような洗練された印象に。

同じく防水透湿(完全防水ではありません)で雨にも強く、蒸れにくいのでこれからの季節にうってつけ。オリジナルのクイックシューレースは、着脱もラクで、スマートなデザインはファッション視点でも魅力です。

ラインナップに並ぶのは、ランニングタイプ、コートタイプ、モカタイプの3型。ランニングタイプとコートタイプはブラックとホワイトの二色展開、モカタイプはブラックとベージュの二色展開です。

INFORMATION

デサントジャパン株式会社 お客様相談室

電話:0120-46-0310
store.descente.co.jp/descente/feature/des_modularize
store.descente.co.jp/descente/feature/des_verther

このエントリーをはてなブックマークに追加