CLOSE
NEWS

スケートデッキのリシェイプを体験できる貴重な機会、ご用意しました。

フイナムによるスケートボード連載企画「HOUYNHNM SKATEBOARD CLUB」。そのリアルイベントである体験型講義にワークショップも加わったスペシャルバージョンを、原宿のギャラリー「VACANT」の1階スペースにて、1月26日(土)に行います。

「スケートボードとDIY」をテーマにした今回は、講義のゲストである〈Wooden Toy〉のディレクター、大場康司氏の指導のもとオリジナルクルーザーデッキを製作するワークショップを開催。

参加費はわずか3,800円という破格のお値段で、こちらで用意したスケートデッキを自分好みにリシェイプして、お持ち帰りまでできちゃいます。ただし、各回定員4名で計16名のみの参加となりますので、早めのご応募を推奨します。

※スケートボードのリシェイプのイメージ画像

一方の講義では、スケートボード専門誌『Sb』の編集長の小澤千一朗氏と写真家の平野太呂氏に加え、前出の大場氏がゲストとして登場。スケートボードにおける創造性の一端を担う「DIY精神」について語っていきます。

財布に優しいワークショップに、スケートボードにまつわる濃厚なお話まで楽しめる注目の催し。ぜひ、下記の予約のリンクをポチっとタップして、足を運んでいただけると、です!

Text_Hiroshi Yamamoto


HOUYNHNM SKATEBOARD CLUB VOL.6 「スケートボードとDIY」
日時:2019年1月26日(土)
時間:ワークショップ(¥3,800)/13:00〜、13:45〜、14:30〜、15:15〜
講義イベント(無料)/16:00〜17:00
場所:VACANT 1F (渋谷区神宮前3-20-13)
ゲスト:大場康司(大場組棟梁、Wooden Toy ディレクター)
予約:www.vacant.vc/single-post/HSC06

TOP > NEWS