CLOSE
NEWS

芸術作品から芸術作品へ。シュタイン19春夏コレクションは、あのチューリップチェアから生まれた。

『フイナム』がブランドの立ち上がりから注目しているブランド〈シュタイン(stein)〉。1月26日(土)から2019年春夏コレクションの発売がスタートします。

日夜服のことだけを考えているデザイナーの浅川喜一朗さんのつくる一品一品は、あらゆる芸術を包括し、服の枠を超えたアート作品。例えば、昨シーズンのコレクションテーマは写真家・ヘルムート・ニュートンの一枚から編み出されたものでした。

そして、今季は新しさと普遍さを意味する “NEWNESS AND UNALTERABLE” の言葉を軸に、ピエール・ガーリッシュの名作「チューリップチェア」を着想源としたコレクションを制作。「チューリップチェア」のことをご存知ない方は一度調べてみてください。あの作品からどんなイメージを膨らませてご覧のルックや服をつくりあげたのか。

別の芸術作品がイメージソースになっていると、次第に服そのものへの興味が湧いてくるはず。

パターンへの探究心から生まれた美しく、特異なシルエット。光が当たることで表出する陰影。計算に計算され尽くした服は今シーズンも健在です。

オーバーサイズのコート、下にストンと落ちる綺麗なシルエットが魅力のドリズラージャケット、ダメージ入りニットなど、春夏らしい雰囲気を残しながらも展開される服は多種多様。ユニセックスで着られる性差を超えた普遍性もそこに兼ね備わっているのがまた素晴らしいところ!

“上品” とはまた違う “洗練” されたしつらえが心地いい〈シュタイン〉。要注目の新鋭です。

Text_Rei Kawahara


stein
ssstein.com
www.instagram.com/ssstein_design/
storecarol.com

TOP > NEWS