CLOSE
NEWS

黒眼帯の2019秋冬。

先日、巨匠・篠山紀信がゆるふわギャングをモデルに起用したキービジュアルを撮り下ろし話題を呼んだ〈ブラックアイパッチ(BlackEyePatch)〉の2019AWルックビジュアルが公開されました。

もはや国内だけでなく、国外の幅広い世代から注目を集める〈ブラックアイパッチ〉。秋冬シーズンも独自のグラフィックを巧みに落とし込み、同ブランドらしいストリート感を放っています。服だけにとどまらない、ビジュアルを通した世界観も見どころと言えるでしょう。

ワークやミリタリーの要素を抽出しながら、それ一辺倒にならないよう”デザイン”された服。30代、40代の読者にとっては、懐かしさと新鮮さの両方を感じるのでは。

すでにデリバリーは始まっています。お近くの取り扱い店舗で手に取ってみてください。

INFORMATION

Black Eye Patch

https://blackeyepatch.com

TOP > NEWS