CLOSE
NEWS

メゾン マルジェラのポップアップストアが伊勢丹新宿店に誕生。

〈メゾン マルジェラ(Maison Margiela)〉を象徴するアイテムといえば、やっぱり「タビ」ブーツではないでしょうか。この名前の通り、日本の伝統的な足袋にヒントを得たシューズで、1989年春夏コレクションのプレゼンテーションではじめて発表されました。もともとウィメンズのみの展開でしたが、2017年にはメンズモデルも登場。現在ではスリッポンやローカットとハイカットのスニーカーもあり、性別を問わず幅広い世代のファッション好きから支持を集めています。

今回アナウンスされたのは、従来のジェンダーやアイデンティティの概念にとらわれないワードローブを展開するポップアップストア。プレコレクションに当たる2019年秋冬「アヴァン・プルミエール」コレクション、「ジェンダー・フリュイド(流動的な性差)」を表現したというアクセサリーコレクションをラインナップします。

「タビ」シューズはもちろん、特徴的なキルティングのディテールと雲のようなフォルムが特徴のバッグシリーズ「グラム スラム」を中心に展開。さらに、男女問わず人気のあるグレイニーレザーを使ったスモールレザーグッズには限定カラーであるネイビーブルーのモデルが登場するそう。

「タビ」シューズ。スリッポンやローカットとハイカットのスニーカーも揃う。

ふわふわとした独特のフォルムで人気のバッグシリーズ「グラム スラム」。

伊勢丹新宿店限定カラーのネイビーをまとったスモールレザーグッズと「5AC」バッグ。

会場は「伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ」。ポップアップストアのデザインを手掛けるのは、オランダ人建築家、アンヌ・ホルトロップ率いる「Studio Anne Holtrop」。このメゾンを象徴する色、ナチュラルホワイトを基調にした、厚いウールフェルトが使われた空間になるとのこと。このデザインコンセプトは、今後、世界で展開されるストアコンセプトにも繋がっていく予定。

ポップアップストアのイメージ。アノニマスなウールフェルトがブランドの雰囲気を醸し出す。

型にはまらない〈メゾン マルジェラ〉の新しい一面を知ることができるポップアップストアになりそうな予感。会期は8月14日(水)から20日(火)。この機会は見逃せません。

INFORMATION

Discover the wardrobe and accessories for gender noncomformists from Autumn-Winter 2019 ‘Avant-Première’ collection

会期:8月14日(水)〜20日(火)
会場:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ

メゾン マルジェラ 伊勢丹新宿
電話:03-5369-4199(メンズ)、03-3357-0921(ウィメンズ)
www.maisonmargiela.com

TOP > NEWS