CLOSE
NEWS

連載「憧れの逸品」No.114 もはやアートの域にあるドリス ヴァン ノッテン。

ポップなカラーをまぶしたノルディック・パターン、豪華絢爛なカーペットにインスパイアされたというボタニカル・パターン、ホワイトをベースとしたサイケデリックなグラフィック・パターン、極彩色のニットが不規則に走るボーダー・パターン…。

いずれも伝統的なパターンながら、仕上がってみれば唯一無二の存在感がある。ひとえにそれは、色使いの賜物。やっぱり〈ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)〉は “色の魔術師” だ。

2014年にパリの装飾芸術美術館で『インスピレーションズ展』が開催されて話題になったことは記憶に新しいが、つまりは〈ドリス ヴァン ノッテン〉はアートなのである。

もちろん、そのシルエットもファブリックも申し分がない。テーラードとの相性もいい、寸止めのオーバーサイズ加減も、エクストラファイン・メリノを惜しげもなく使ったその肌触りも、うっとりする域にある。




インパクトあふれるノルディックセーター。丸みのあるゆったりしたフォルムを描く。
SWEATER “TILES” ¥151,000+TAX




雪の結晶をアレンジしたようなグラフィカルなデザインに特徴がある。
SWEATER “TAMIR” ¥81,000+TAX




小紋柄のようなユニークなデザインのセーター。他と異なり、袖と裾がリブの仕様ではない。
SWEATER “TACO” ¥116,000+TAX




マルチボーダーのようなデザインが目を奪う、ハイネックの一枚。
SWEATER “TANISH” ¥95,000+TAX

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Kei Takegawa

INFORMATION

ドリス ヴァン ノッテン

電話:03-6820-8104
www.driesvannoten.com

TOP > NEWS

関連記事#憧れの逸品

もっと見る