CLOSE
NEWS

【FOCUS IT.】ナリフリとMMAが提案。「自転車」と「ランニング」を絡めた新しい遊びを体験してきました。

「ナリフリとMMAのメンバーで、自転車とランニングを組み合わせた“ライド&ラン”をやろうと思ってます。フイナム ランニング クラブ♡のみなさんもいっしょにどうですか?」。ある日、〈ナリフリ(narifuri)〉の田原恵真さんと〈マウンテンマーシャルアーツ(Mountain Martial Arts) ※以下MMA〉の渋井勇一さんから、こんなお誘いを受けました。

彼らの言う“ライド&ラン”とは、自転車とランニングという異なるアクティビティをミックスして、東京の名所を駆け巡り、最後に銭湯に寄って汗を流そう、というもの。ふむふむ、なんだかそれはめちゃくちゃ楽しそう。というわけで、フイナム ランニング クラブ♡からは4名のメンバーが参加することに。

集合場所は「ナリフリ 東京」。千駄ヶ谷にある〈ナリフリ〉の旗艦店です。

左から、河野竜太(ナリフリ セールス)、田原恵真(ナリフリ ブランドマネージャー)、
渋井勇一(MMA ディレクター)、堀口達矢(ヒットユニオン プレス)、堤 智美(販売員)、
牧野英明(ビームス ライセンス事業課)、横山美佳(会社員)、榎本一生(ライター)、
山本博史(フイナム 副編集長)

〈ナリフリ〉はサイクルカルチャーをベースにしながらデイリーウェアとして機能するコレクションを展開しているファッションブランド。〈MMA〉はランニングやトレイルランニングをメインにアクティビティのある生活を提案しているライフスタイルブランド。今季は両者のコラボレーションによるカプセルコレクションが展開されています。今回の“ライド&ラン”の参加者が身にまとっている一部のウェアが、まさにそれ。

「ナリフリ 東京」で自転車に乗って、いざスタート!

なお、フイナム ランニング クラブ♡のメンバーたちは日頃から走ることを習慣にしているものの、自転車には不慣れ。そもそもみんな自転車を持っていないので、今回特別にバイシクルレンタルを利用しました。

千駄ヶ谷をスタートした一行は、神宮外苑、青山、六本木を経て東京タワー方面へ。〈ナリフリ〉の田原さんの先導のもと、クルマに注意しながら安全第一でのんびりとペダルを漕ぎます。

芝公園のあたりから祝田通りへ入り、日比谷公園の裏を抜けて、皇居外苑を経て東京駅へ。ここで記念写真をパチリ。

ひと休みしたら、再びスタート。丸の内から日本橋を抜け、神田、秋葉原を経て、最初の目的地である蔵前のカフェに到着。スタート地点の「ナリフリ 東京」からここまで14キロほどの道のりでした。

この日はどんよりとした曇り空で、風が強く、気温も低め。サイクリングで冷えた身体を、濃厚で薫り高いホットチョコレートが温めてくれました。

そして再スタート。次の目的地は1kmほど先にある、大人のサイクリストに向けたウェアやギアを揃えるショップ「TOKYO WHEELS」。

ここでアクティビティを変更。自転車を下りてランニングに切り替えます。「TOKYO WHEELS」に特別に許可を得て自転車を置かせてもらいました。

ランニングコースの定番として知られる隅田川沿いを心地よくラン。自転車とランニングで使う筋肉の違いに戸惑いつつ、観光気分でまったりと走ります。

終盤は風情ある浅草の街並みを眺めながら走りつつ、観光スポットの定番である雷門前を経て「TOKYO WHEELS」に戻り、ランは終了。再び自転車をピックアップして最終目的地である押上の「大黒湯」へ。

「TOKYO WHEELS」から「大黒湯」まで、約3キロの道のりを自転車で爽快に駆け抜けて、フィニッシュ!

自転車で約18キロ、ランニングで約7キロ。トータル約25キロにわたる“ライド&ラン”の旅を終えました。

東京スカイツリーに程近い「大黒湯」は天然温泉が楽しめる下町の銭湯。露天風呂やサウナもあり、設備も充実しています。

サイクリングとランニングという異なるアクティビティをマッシュアップさせるというユニークな発想から生まれた、〈ナリフリ〉と〈MMA〉のコラボレーション。もちろんファッションとしても着られるけれど、その真価を発揮するのは、実際のアクティビティで使ってこそ。背中にポケットがついたジャケットやストレッチが効いたパンツなど、自転車に乗る際に求められる機能を備えたウェアは、速乾性や動きやすさなどランニングにおける機能も併せ持っていて、“ライド&ラン”をストレスなく快適に楽しむことができました。

ウェアという“モノ”を通じて、新しいアクティビティという“コト”に出会うことができた今回の“ライド&ラン”。フイナム ランニング クラブ♡のメンバーは「都心を自転車で駆け抜けるのがこんなに楽しいとは」「自転車、欲しくなってきた!」と口々に言っていました。フイナム サイクリング クラブ♡が設立される日もそう遠くないかもしれません。

〈ナリフリ〉と〈MMA〉のコラボレーションによるカプセルコレクションの詳細に関してはコチラの記事をチェックしてみてください。

Photo_Kentaro Matsumoto(Mazken,Inc.),
Koichi Takeshita(Mazken,Inc.)
Text_Issey Enomoto

INFORMATION

ナリフリ東京

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷 3-52-1 クロスサイドビル
電話:03-3403-3007
※毎週月曜日定休
www.narifuri.com

Mountain Martial Arts
mountain-ma.com

TOP > NEWS