CLOSE
NEWS

ブレグジットに揺れる英国を活写した、写真家金 玖美の『EXIT』、最後の展示となります。

以前本欄でも紹介した写真家・金 玖美の写真集『EXIT』。ちょうど1年前の3月末に上梓して以来、作家は全国を旅するように東京~広島の10カ所以上で展示およびトークショーを行ってきました。その結果、現在はパリの写真美術館やロンドンの書店にも並んでいるとのこと。

『EXIT』はBREXIT(ブレグジット)=EU離脱 がひとつの契機になり、2004年より15年間、イギリスの市井の人々と情景を撮り続けたものが、一冊にまとまったものです。

そして2020年1月、3度の延期を経てイギリスはブレグジットに踏み切りました。いまなお激動のさなかにあるイギリスを、そしてブレグジットの断片を活写した本作が、改めて写真展となります。

今回は8年間にわたってイギリスに居住経験のある、『シュプール』や『エル ジャポン』などで活躍中のスタイリスト吉田佳世とともに展示空間を構成をしています。

ロンドンに暮らす女の子の部屋のような空間のなかに、撮り下ろしを含む写真が展示されます。4月12日(日)までの開催です。

INFORMATION

EXIT -in the Room-

会期:3月30日(月)〜4月12日(日)
場所:dessin
住所:東京都目黒区上目黒2-11-1
電話:03-3710-2310
時間:12:00〜20:00(最終日は17:00まで)

金 玖美 (きん くみ)
京都府出身。幼少の頃から英国に惹かれる。大学の写真部をきっかけに写真を始める。マガジンハウスにて専属フォトグラファーを経て渡英。London College of Communication にてコースを修了。帰国後、東京を拠点としポートレートやファッションを中心に国内外の広告や雑誌で活動。2児の母。息子たちと共に英国を再訪・撮影し制作した写真集「EXIT」を発表。
koomikim.com

吉田佳世(よしだ かよ)
北海道生まれ。20歳で渡英、ロンドンに8年在住し帰国。イギリスのカルチャー全てを愛す。モード誌を中心に、アーティストのスタイリングまで幅広く活躍。
http://kayoyoshida.com

TOP > NEWS