CLOSE
NEWS

医療用防護服をルイ・ヴィトンが製作。パリ近郊の6つの病院に提供開始。

4月11日に紹介した医療用マスクの製造に続いて、〈ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)〉から新しい情報が届きました。本社のあるパリのプレタポルテのアトリエで医療用ガウンの製作がスタートしたというニュースです。

これは「AP-HP」とも呼ばれる「パリ公立病院連合」の6つの病院に提供されるもので、4月10日からボランティアで参加した20名の職人が「AP-HP」公認の生地とパターンで数千枚を手がけています。


現在、生地の裁断はすべて本社のあるポン・ヌフ通りのアトリエで手作業で行われていますが、近日中に在宅勤務のパターンカッター、さらに14日から自動裁断機を持つ人たちも加わる予定で、生産数のスピードアップが見込まれています。

毎晩、完成したガウンは出荷され、パリ郊外の「アントワーヌ・ベルレーク病院」「ビセトル病院」「ポール・ブルース病院」「アンブロワース・パレ病院」「レモン・ポアンカレ病院」の他、パリ16区の「サント・ペリーヌ病院」に届けられます。

日本でも報道されている通り、いま医療機関ではマスクと防護服が圧倒的に不足し、再利用せざるを得ない状況が続いています。このような取り組みが、現場の状況を少しづつ改善させ、コロナウイルス収束の一助になることは間違いありません。

INFORMATION

ルイ・ヴィトン クライアントサービス

電話:0120-00-1854
www.louisvuitton.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS